あるメイクアップアーチストの事例

あるメイクアップアーチストの事例

突然ですが、私の経験した話を紹介いたします。

10年前の話になりますが、あるメイクアップアーティストの方が、プロのメイクアップアーチストを目指す方向けの少人数のスクールを行いたいという話がありました。
私がある会社に入社した時には、そのメイクアップアーチストのメイクアップスクールのWebサイトが完成していて、それをどう訴求しようかという話になっていました(とりあえず作って、さてどうしようかというのもおかしいのですが…)。
その件がその後どうなったのかまでは知らないのですが、起業したいとおっしゃる方々と日々接していて、その件を思い出したので例として紹介いたします。

さて、プロのメイクアップアーチストになりたい人っていうのが、どれだけいらっしゃるのでしょうか。
今後増えるのでしょうか、それとも数は横ばいでしょうか、減る見込みでしょうか。
事業としてやっていけるだけの市場がなければ、そもそも事業が成り立ちません。
増えるなら市場として有望かもしれませんが、減るなら魅力のない市場になるかもしれません。

プロのメイクアップアーチストになりたい人っていうのは、どういった属性、特徴なのでしょうか。
それらが分かっていなければ、ユーザーのニーズも掴みにくいでしょうから、プロダクトアウトになってしまいます。
プロダクトアウトが駄目だということではありませんが、ユーザーのニーズに合っていなければ人は集まりません。
また、相手のことが分からなくては、効果的な訴求ができません。

競合はいるのか、いるとしたらどういった特徴なのでしょうか。
自分にとって魅力のある市場なら、当然競合にとっても魅力のある市場であってもおかしくありません。
競合の規模はどうなのか?競合はどんなことをやっているのか?競争を回避するためには?競争に勝つには?
それらは、自身の戦略や行動に影響します。

件のメイクアップアーティストの方は男性だったのですが、自身の技術にかなりの自信を持っているとのことでした。
周知さえできれば、その技術を身につけるために人が集まると考えていらっしゃったようです。
男性からは習いたくないと思っていたら、習いに来る人はいませんよね。

自身がスキルを持っていたとしても、市場がなければ売れません。
市場があっても、ニーズから外れると見向いてもられません。
ニーズと合致していても、競争環境が激しくて収益が上がらないかもしれません。

自分の職業人としてのスキルに自信があって起業されようとしている方は、特にご注意ください。

ご依頼やご相談、お問い合わせなどはこちらより受け付けております。
初回のご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください