グランフロントのエレベーターの案内表記

デザインというものはまずロジックがあり、そのロジックに基づいて作成されます。
以前、デザインとは意匠という意味だけではないと書きましたが、「デザイン」という単語を「意匠」という意味として使用していても、「設計」という意味として使用していても同様です。

さて、行ったことのない方には申し訳ありませんが、以下はグランフロント大阪の北館のエレベーターの内側から見たドアの写真です。
グランフロント大阪の北館から南館を経由して大阪駅まで2階で繋がっているので、南館や大阪駅に行く人は2Fで降りるように扉に書いてくれています。

グランフロントの案内表記

黒い帯を右(階数のボタンがある方)にたどっていくと、以下のようになります。

非常ボタン

視線でたどった先が非常ボタンになっています。

横書きの文章は(アラビア語などの例外を除いて)、左から右に読みます。
そのさらに右側に階数のボタンがあって、そのボタンのあるところまで黒い帯を引いているのは、ボタンまで視線を誘導する意図だと思います。
だとすると、視線の先は2Fのボタンでないと、視線を誘導した意味がありません。
もし視線を誘導する気がないのであれば、帯を右まで引かず、帯とボタンとを完全に独立したものにする、あるいはそもそも帯を使わない方法でメッセージを目立たせるようにする必要があります。

帯を使用することを前提とした解決策としては、①帯の高さを2Fのボタンの高さにする、あるいは②帯を途中で切って他の方法で2Fであることが分かるようにする方法などが考えられます。

改善案

①の方法の方がスマートではありますが、表記が低い位置にあると、何人かの人がエレベーターに乗った場合に前の人で帯(2Fで降りるようにというメッセージ)が見えづらくなります。
②の方は帯とボタンの位置関係によっては、見た目が歪になる可能性があります(例の図がすでに、結構無理しています)。

他の方法としては、南館や大阪駅に行く人は2Fで降りることを伝えることができれば良いわけですから、扉側でなくボタンの側に注意書きとして書くということも考えられます。
エレベーターに乗った後の方がメッセージの伝達の確実性は高まりますが、エレベーターの中ではなく、外側の扉、あるいはその周辺に表示する方法もあります。

グランフロントができたときはこの表記はありませんでした。
おそらく利用者の利便性を考えて2Fで降りるように表記してくれているのでしょうから、悪い例として挙げるのは申し訳ないのですが、もうちょっと考えてくれていたらより利便性は高まったのではないかと思います。

こういった案内表記は、商業施設や駅などのいたるところにありますので、見かけたら、紛らわしくないか、もっと分かりやすくできないか、自分ならこうする、など考えてみてはいかがでしょうか。
よく考えられていることに感心したり、適当にやっていて逆に感心したりします。

扉に私の姿が写りこんでいますが、誰も乗ってくるな、誰も乗ってくるな、ドアが開いたら恥ずかしいと思いながら携帯で写真を撮っていたのはワールドワイドウェブだけの秘密です。

ご依頼やご相談、お問い合わせなどはこちらより受け付けております。
初回のご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください