4P、4Cの先

コントロールできない領域

マーケティングミックスの4Pや、それを顧客側の視点でとらえ直した4Cなどのフレームワークがあります。

簡単に説明しますと、

  • Product(商品・サービス)
  • Price(価格)
  • Place(チャネル)
  • Promotion(プロモーション)

以上のPから始まる4つは商品サービスを開発し、販売するために考えるべき項目です。
Product(商品・サービス)が先にあって、残りの3項目については後から考えるというのではなく、4つ全てが連携している必要があります。

4Pが企業サイドからの見方であるということで、ユーザーサイドからの視点のフレームワークが4Cです。

  • Customer Value(顧客にとっての価値)
  • Cost to the Customer(顧客の支払うコスト)
  • Convenience(入手の容易さ)
  • Communication(コミュニケーション)

それぞれ4Pの4つの項目と対比になっています。

どちらが正しくて、どちらかは不要ということはないと思います。。
それぞれをちゃんと鑑みて商品・サービスを開発するべきでしょう。

ですが、これらをきちんと満たすと売れるのかと言われると、そうだとは言い切れません。
例えば、ユーザーから見て競合商品と差別点を認識できない場合や、顧客が商品・サービスの必要性を認識できていない場合は売れないでしょう。
後者はPromotion(プロモーション)やCommunication(コミュニケーション)の不備によってリーチできていないのではなく、ユーザー側の認識によるものです。
そして、それらは商品・サービスの提供側のコントロールができない部分でもあります。

つまり、商品・サービスを企画・製造するのは可能ですが、それを販売するとなると自分がコントロールできない領域に踏み込むことになるので、そのための対策やアプローチが必要になると考えています。
そこまで踏まえた開発が必要だと考えていますが、いかがでしょうか。

ご依頼やご相談、お問い合わせなどはこちらより受け付けております。
初回のご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください