デザインによる差別化

デザインによる差別化

強豪との差別化ができていないと、消費者から見て横並び状態になってしまい、選んでもらうのが難しくなります。
差別化といっても機能的価値での差別化と情緒的価値な価値での差別化がありますが、成熟産業になると、どうしても機能的価値での差別化が難しいのが現状でしょう。

りそな銀行がサービス拡大で差別化を図ろうとしています。

りそなが時間外サービスを拡大、24時間決済や無休店舗、銀行界に波紋

これは機能的価値での差別化ですね。
銀行はサービスが横並びで、どこもそこから出ようとしない稀有な業界ですから、成熟産業であっても差別化を図りやすいのでしょう。
むしろ、サービス拡大の余地があるということで、成熟していない産業なのかもしれません。
その差別化が結果として売上に結びつかなければ意味がありませんが、

  • ユーザーが機能やスペックの向上を望んでおらず、それらの向上が訴求に結びつかない。
  • 機能を高めてもそれ自体で差別化が難しい。
  • 技術がコモディティ化していて、すぐに他社に追いつかれる

他にもあるでしょうが、これらの場合は情緒的価値での差別化を図るケースになるでしょう。

情緒的価値での差別化も色々パターンがありますが、商品そのものをデザインなどで差別化する方法があります。
BtoBの商品よりも、BtoCの商品の方が取り入れやすいのでしょうか、以下にデザインを活用している中小企業をご紹介しますが、全てBtoC(あるいは最終消費者が個人)の商品です。

以下の本からのご紹介です。
その他、様々な事例が紹介されていますので、ご興味を持たれた方はご覧ください。

商品のデザインによる高付加価値化は中小企業基盤整備機構もかねてより提言していていますが、こういった視点の支援を受けようと考えている企業はまだまだ少ないと個人的に感じています。
差別化の難しいBtoC商品を製造している企業は積極的に取り入れても良いのではないでしょうか。

参考:中小企業基盤整備機構サイト内「デザイン活用支援・ガイドブック」
※デザイン活用と言ってますが、資料のpdfのデザインはいかにも素人が作りましたという感じでイケてません。

ご依頼やご相談、お問い合わせなどはこちらより受け付けております。
初回のご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください