ニュースでロジカルシンキング2

ビジネスマンに必要なスキルの一つがロジカルシンキングです。
書店に行けばたくさんの本が出版されていますし、私自身も中小企業診断士の試験にも生かせると思い、息抜きがてらロジカルシンキングの問題集などをやりました。

実際に本を買うのも良いのですが、ニュースの記事などを使って日常的に訓練することは可能です。

今回は、たまたま目についた読売新聞の株価に関する記事をケースにしてみたいと思います。
記事へのリンクは以下になります。まずは記事をご覧ください。
株高恩恵、富裕層など一部にとどまるとの見方も

こういった経済に関するニュースは単に記者の知識不足から見当違いなことが書かれていることが多々ありますが、その辺をつっこむのではなく、文章のロジックに注目して記事を読んでください。
以下の2点を考えながら読んでください。

  1. まず、なぜ?、なぜ?、なぜ?、とさかのぼってみる。
  2. その因果を、それで?、それで?、それで?、とたどってみる。

第1段落には

日経平均株価(225種)が10日、一時2万円を超えたことで、日本経済の明るさが増し、個人消費や企業の生産活動が活発になると歓迎する声が広がった。

とあります。

  • 「企業の生産活動が活発になる」と「富裕層に限定される」との因果に関係する部分が書かれていない(その時点で、記事として中途半端なんですが)。
  • この点に触れると財務会計の話になってロジカルシンキングという主題から外れる。

以上2点から、企業の生産活動に関することは割愛し、個人消費について文章の因果関係を検証してみたいと思います。

では、「株価が上がる」と「日本経済の明るさが増し」その結果「個人消費や企業の生産活動が活発になる」とのことですが、それが富裕層に限定されるかもという見出しが正しいとすると、因果関係は以下のようなことになるでしょうか。


株価が上がる恩恵を受けるのが富裕層に限定される
  │
(なぜ?)
  ↓
富裕層しか株を持っていないから


株価が上がる恩恵を受けるのが富裕層に限定される
  │
(なぜ?)
  ↓
株の所有者しか株価上昇の恩恵を受けないから

①②のどちらも、文面から記者がこう思っているのであろうという前提です。

①に関してですが、別に富裕層でなくても株や投資信託はやってますよね。
ちなみに私も少額ですが、株式投資はしています。
言うまでもありませんが、誰がどう見ても富裕層ではありません。

②はそもそも無知から来るもので、金融機関や保険業者などは利用者から預かった資金を元出に、投資をしています。
そのため株価が上がると預金者や保険加入者に間接的に利益となります。

いかがでしょうか。
①②共通ですが、「因」をたどってみて、次に「果」をたどってみるということをやってみたら、もうちょっと記事の内容は変わったのではないでしょうか。

ご依頼やご相談、お問い合わせなどはこちらより受け付けております。
初回のご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください