ニュースでロジカルシンキング3

文章、あるいは会話において、根拠や例がなくただ結論だけ述べられているというのを見かけませんか?
述べられた結論に対してどういった根拠が必要か、あるいは何があれば結論に説得力を持たせられるかを考えてみたいと思います。

まず以下の記事をご覧ください。
民主・岡田代表が「青田買い」? 高校、大学を次々訪問 財政再建を熱く訴えるが、反応は…
あくまでもロジカルシンキングの話ですので、そもそも国の借金じゃなくて政府の借金だとか、民主党政権の時にデフレのくせに売りオペやってたくせに…とか、そういったことには触れません。

第2段落の後の

「世界でこんなに借金している国はない」

とありますが、これが結論ですね。
ですが、この「こんなに」というのが下図の①のように負債の割合が多い状態なのか、②のように債務超過状態なのか(実際には説明したのか、してないのか知りませんけど)、この記事だけでは分かりません。
仮に③の状態であったとしても、小規模企業より大企業の方が資産も負債も多くなるように、GDPが世界第3位の経済大国である日本の負債の額面が他国より大きいのは当たり前です。

ニュースでロジカルシンキング3

この結論に何らかの意味や説得力を持たせるなら、以下が必要でしょう。

  • 定量的なデータを提示する(他国も含めて)
  • 妥当な水準を示す
  • 負債のことだけでなく資産と純資産のことに触れて割合が高いことを示す

いかがでしょうか、比較の対象ができることで規模が分かるようになります。

おまけですが、おそらく借金というのは対GDPランキングのことを言っているんだと思いますが、誰から借りている、どういったものであるか、という点は加味しているのか、いないのかは分かりません。

対GDP比債務ランキング
https://www.cia.gov/library/publications/the-world-factbook/rankorder/2186rank.html

対外債務ランキング
https://www.cia.gov/library/publications/the-world-factbook/rankorder/2079rank.html

ご依頼やご相談、お問い合わせなどはこちらより受け付けております。
初回のご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください