ピグマリオン

ピグマリオン

ギリシア神話にこのような話があります。

現実の女性に失望していた彫刻家のピグマリオンは、大理石で自ら理想の女性であるガラテアを彫りました。
そのうちピグマリオンは自ら彫ったガラテアに対して恋愛感情を抱くようになりました。
さらに、食事を用意したり話しかけたりするようになり、それが人間になることを願うようになりました。
愛と美と性を司る女神のアフロディーテがその願いを聞き入れ、彫像に生命を与えました。
そして、ピグマリオンは人間になったガラテアを妻に迎えましたとさ、めでたしめでたし。

さて、アメリカの教育心理学者であるロバート・ローゼンタールがこのピグマリオンの名の付いたピグマリオン効果を提唱しました。
実験によると、教師が期待をかけた生徒とそうでない生徒では、成績の伸びに明らかな違いが見られたというものです。
このことから、他者から褒められたり期待されると、その期待に沿うようにモチベーションが高まり、成果を上げやすくなったり、その後の成長に繋がる要因のひとつになるというものです。

また、同じアメリカの心理学者であるキャロル・ドウェックは褒めることに関して以下のような実験を行いました。
小学生400人を対象に易しいパズルを解かせた
400人の小学生をAとBのグループに分け、Aグループに対しては才能を褒め、Bグループに対しては努力を誉めた
新しいパズルに挑戦するにあたって、簡単なパズルと難しいパズルのどちらが良いかたずねた。

この結果、才能を褒めたAグループの大半が簡単なパズル、努力を褒めたBグループは大半が難しいパズルを選んだということです。

能力を褒められた場合、結果を出しやすい簡単なパズルを選んで難しいパズルを避ける傾向が強いのは、「能力がある」という認識が「結果をださないといけない=その難易度は低い方が結果を出しやすい」という心理が働いた結果だと思われます。
それに対して努力を褒めた場合、困難にチャレンジする価値を見い出したと考えられないでしょうか。

褒め方(評価)にはその対象によって4つに分類されます。
相対評価…他者との比較による評価
結果評価…結果に対する評価
絶対評価…本人の努力自体に対する評価
プロセス評価…努力の過程に対する評価

Aグループは結果評価、Bグループは絶対評価ということになりますが、能力や才能を褒めるよりも努力そのものやその過程を褒められた方が、より高いモチベーションでより高く困難な目標を達成できるということです。

つまり、従業員に対する評価を上記の4つの中でいうところの、絶対評価・プロセス評価を中心にした方が、モチベーションが高まり、より高い目標をクリアしやすくなるといえないでしょうか。

ただ、なぜこれが”ピグマリオン”効果なのかはよく分かりません。

ご依頼やご相談、お問い合わせなどはこちらより受け付けております。
初回のご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください