フォントはそれで良いですか?

フォントはそれで良いですか?

パワーポイントのスライドや資料を作るに当たって、見出しなどでウェイトの太いフォントを使用したり、明朝とゴシックを使い分けたり、ゴシック体も普通のゴシックと丸ゴシックもありますね。

さて、種類や太さだけでなく、フォントによってテイストも違います。
堅い感じのもの、柔らかい雰囲気のもの、様々です。

時々気になるのが、太いフォントを使用したいのでしょうが、創英角ポップ体を堅い文章の見出しや、パワーポイントのスライドのタイトルとして使用しているものです。
以下を比較してみてください、お堅い内容の発表をするイメージです。

フォント比較

いかがでしょうか、AとBを比較して、内容とマッチしていそうなのはどちらでしょうか。

どのようなフォントもTPOを弁えて使用すれば良いのですが、弁えなければ信頼性すら損ないかねません。
フォントに少し気を配るだけで訴求効果が高まると思いますが、いかがでしょうか。

ご依頼やご相談、お問い合わせなどはこちらより受け付けております。
初回のご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください