ランチョンテクニック

ランチョンテクニック

食欲は性欲、睡眠欲と並び、人間の持つ三大欲求の内の一つであり、「三度の飯より○○が好き」という言い方をするように、食事そのものを人間は楽しむ習性があるのではないかと思います。

食欲を満たすことそのものやおいしい食べ物を食べることで満足感や快楽が得られます。
それを特定の相手と共有することで、食事中に行われた会話が満足感や快楽と結びつき、相手との交渉事がうまくいきやすくなるんだとか。
それをランチョンテクニックというそうです。

昨今否定的な意見もありますが、飲みニケーションも同じようなものでしょう。
楽しい時間を共有することが相手との距離を近づける一助になり得るということだと理解して良いでしょう。

ランチョンテクニックを有効に活用すれば、社外の方と、あるいは経営者様と従業員の方と、また従業員同士のコミュニケーションが図られ、業務もスムーズになるかもしれません。

社外の相手と話をする場合、食事をしながら商談ができれば理想ですが、それが無理なら手軽につまんで食べられるものを手土産を持って行って、それを食べながら商談するなどすれば、同様の効果が得られるのではないでしょうか。

ご依頼やご相談、お問い合わせなどはこちらより受け付けております。
初回のご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください