古典に学ぶ(荀子)

古典に学ぶ(貝原益軒)

人間の性が悪、すなわち利己的存在であるため、後天的な努力によって善へと向かうべきだという性悪説で知られる荀子ですが、ビジネスにも大いに役立つと思われる言葉を残していますので、いくつかご紹介したいと思います。

遇と不遇は時なり

孔子が言ったとされる言葉です。
人生トントン拍子に行くときもあれば、何をやっても上手くいかないときもある。
上手くいかないときに卑屈になってはいけない、努力しながら時勢が来るのを待てという話です。

経営においても、困難にぶつかる時もあるでしょう。
それが外部環境の変化によるものであれば、自分の力ではどうすることもできないかもしれません。
そこでただグチばかり言っても仕方がありませんので、前に進めるように、または良い波が来た時にうまく乗れるように準備をしながら待つ姿勢も必要だと言えるのではないでしょうか。

蓬も麻中に生ずれば、扶けずして直し

もぐさの原料にしたり、よもぎ餅の材料に使用する蓬(ヨモギ)は、そこら辺の空き地などにも生えているので、ご覧になられたことのある方もいらっしゃると思います。
非常に背の低い草ですが、そんな蓬でも成長の早い麻の中に生えれば、影響を受けてまっすぐ高く育つとのことです。

人間も同じで、周辺環境や良い交友関係に恵まれれば…なんて教訓めいた話になりがちですが、これは何も個人だけの話ではないと思います。
例えば、企業も周辺環境次第で、あるいは取引している相手次第で、企業全体も良い影響を受けることも考えられるのではないでしょうか。

驥は一日にして千里なるも、駑馬も十駕すれば則ちまたこれに及ぶ

名馬(驥)は1日に千里を走ることができるが、駄馬(駑馬)も10日かければ千里を走ることができる。
つまり日々の努力とその継続が大切だということですが、上記したように不遇な時でも腐らず、付き合う相手を選び、目標を定めて少しづつでも前進し続ければ千里の道のりも10日かかるところが9日、8日…あるいはもっと早く到達できるようになれるのではないかと思います。
逆に言えば、毎日の経営。毎日の業務がルーチンワークになってしまい、日々前に進む意識を失い、努力を怠れば、目標にはなかなかたどり着かないとも言えるのではないでしょうか。

ご依頼やご相談、お問い合わせなどはこちらより受け付けております。
初回のご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください