古典に学ぶ(菜根譚)

古典に学ぶ(漢書)

菜根譚は中国明代の洪自誠という人によって書かれた書物で、中国よりもむしろ日本で読まれているとのことです。
いくつかビジネスにも役立ちそうな言葉をピックアップしてみました。

変に処しては、まさに百忍を堅くして以って成るを図るべし

変とは難関という意味で、そういった場面では耐え忍び初志を貫徹しろという意味になります。
確かに中国人より日本人が好みそうですが、耐え忍ぶというのはじっとして何もしないのではなくて、難関の打開策を考え続ける必要はあるのでしょう。
ですから、苦境の際に従業員の方に対してただ我慢を強いるのではなく、外部環境は変えられないのだから、それに対応するような指示や耐えた後のビジョンの提示と励まし等は必要だと考えられます。

徳は事業の基なり

マイケル・ポーターの提唱しているCSV経営は、社会的課題を解決しながら利益を上げましょうというものですが、日本では江戸時代から近江商人の三方よしという概念がありました(三方よしという言葉そのものは戦後に研究者がつけたもの)。
社会的に意義のない事業よりも、意義のあるものの方が市場のニーズがあるのは言うまでもないでしょう。
さらに社会的に意義のない事業よりも意義のある事業の方が上記のように難関に耐え忍ぶことになっても、耐え忍ぶモチベーションは湧くのではないでしょうか。

小恵を私して大体を傷るなかれ

私利を優先して全体の利益のことを忘れてはならないということです。
経営に置き換えると、管理職が個人の利益を優先して、あるいは社内に派閥を作って自派閥の利益ばかりを考えて、企業全体の利益を損ねることがないようにというニュアンスでしょうか。

  

ご依頼やご相談、お問い合わせなどはこちらより受け付けております。
初回のご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください