基準

基準

「必」「女」「心」…等々、人によって違いはあるでしょうが、よく使う漢字で、画数が少ない割に上手く書けない、バランスが悪いものってありませんか?

例えば上に挙げたものでいうと、斜めの線と点で構成されています。
「女」という漢字は横棒があるのですが、書き順で言うと一番最後です。
つまり、基準にする縦棒か横棒がありません(加えて、漢字の書き順って基本的に左上から右下に向かって書きますが、それにも該当しません)。
「必」「女」「心」以外にも、上記した条件に合致する漢字は書きにくい漢字なのかなと思います。

さて、従業員に対しての評価の基準が明確に設定されているでしょうか?
定量的であれ、定性的なものであれ、評価基準を明確に設定していなければ、同じ働きに対しても評価が揺れてしまいかねません。
ですから、経営目標達成のためには評価制度は不可欠です。

もちろん、基準があっても従業員の納得性が低いと意味がありません。
しかし、何をどう頑張れば評価されるのかをあいまいにしておいて、従業員に頑張れと言ったところで、従業員も何を頑張れば良いのか分かりません。
また、その状態では頑張ろうというモチベーションも上がりにくいでしょう。

従業員の採用が難しい中小企業こそ、従業員を大切にする意味でもしっかりした人事評価基準を設定すべきではないでしょうか。

ご依頼やご相談、お問い合わせなどはこちらより受け付けております。
初回のご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください