変化への対応

変化への対応

偉人の言葉で誤解されているものもいくつかあります。

この世に生き残る生き物は、最も力の強いものか。そうではない。 最も頭のいいものか。そうでもない。それは、変化に対応できる生き物だ。

ダーウィンが言ったとされていますが、実際にはこのようなことは言ってないそうです。
ですが、生物は環境の変化に対応をしなくてはいけないということは間違いはないでしょう。

さて、生物だけでなく、企業も県境の変化に対応しなくては生きていけないでしょう。
為替相場や、人口動態、業界動向、近隣地域への競合の参入など、大きなものから小さなものまで常に外部の環境は変わります。

にもかかわらず、環境が変わってしまって事業のやり方が時代に合わなくなっているために売上が下がっているのに、いつまでも変わらない。
消費者のライフスタイルが変わってきているのに、売っているものも売り方も変えない。
法律の変更による規制緩和で、競合の参入が予想されるにも関わらず、せいぜい飲みながら愚痴を言っているだけ、こういったことはよくあります。
愚痴を言いたい気持ちは分からなくはないですが、外部環境が変わるのならそれに適応するか、退場するかしかありません。

自分が別のステージに進むに当たって、新しい環境に対応しきれずに足踏みしているというパターンもあります。
新しい環境は必ずしも、進出者を迎え入れてくれるとは限りませんから、やはり新しい環境に適応する必要があります。
それができないのであれば、新しいステージに行くのを諦めるかしかありません。

環境変化に対応したくないからしない人よりも、変わらなくてはいけないとは分かっているけど変われない。
あるいは、進まなくてはいけないけど進めないという方が大半を占めるのではないでしょうか。

  • 行動力が無い。
  • 現在の環境(ぬるま湯のような環境が心地よく)から離れ難くて、新しいステージに進むことができない。
  • 変化に対する抵抗。

理由は色々あるでしょうが、変化に対応しなくてはいけないのであれば、理想の状態を思い描いたうえで少しずつでも変えていけば良いのではないかと思います。
変わった、変われたの体験が少しでもあれば、次の変化もできるのではないでしょうか。

ご依頼やご相談、お問い合わせなどはこちらより受け付けております。
初回のご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください