大盛りが無料の店、無料じゃない店

大盛りが無料の店、無料じゃない店

ほとんどの飲食店ではご飯の大盛りを頼めるでしょう。
ただ、大盛りが無料なのか、追加料金なのかは店によって変わります。

大盛が無料でない店でご飯の大盛りを頼んで、「他所には大盛りが無料の店があるから、この店も無料で大盛りにしろ」など、大盛りを無料にしろと言う人はいないと思います。
仮にいたとしても、店の人が「うちは追加料金です」と断るでしょう。

さて、飲食店相手にはそんなことは言わなくても、飲食店以外に対しては正規の料金で規定以上の要求をする人がいます。
決まったパッケージを提供しているのではなく、顧客の要望に合わせたフルスクラッチで商品を提供するIT業界などは、顧客側もそういう要求がしやすいのかもしれません。

負担にならない(時間がかからない、費用が増えない)のあればともかく、顧客のオーダーだからやらなくてはいけないと思っているなら、考え方を改めた方が良いと思います。
儲からない、苦しい、大変だ、本来顧客が支払うべき分を負担しているのですから当たり前です。
サービスを提供するには費用がかかり、その費用を払った上で利益を上げるためには適正な価格というものがあります。
その余計にかかる費用の分を鑑みた適正価格を要求しないのでしたら、それは顧客が悪いのではなく自分が悪いと思った方が良いかもしれません。

ご飯の大盛りが無料というのは、あくまでも店側が大盛り無料にしても利益が出るから「自発的に」やっているということを忘れてはいけません。

ご依頼やご相談、お問い合わせなどはこちらより受け付けております。
初回のご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください