経営におけるデザインの重要性(後編)

前回の続きです。

経営におけるデザインの重要性(後編)

実際のところ、デザインとはマーケティングミックスの4Pの内のプロモーションの一部程度に思われているのではないでしょうか。
個人的に、デザインは経営資源であると考えています。
視覚に訴求するものには全てデザインが施され、その活用如何で訴求力が変わるからです。

本来はデザイナーが啓蒙すべきこと

さて、経営におけるデザインの重要性は、本来、デザイナーが啓蒙・啓発すべきことだと考えていますが、なかなか社会全体に広まらないのはいくつか原因があります。

原因1:制作サイドの認識

そもそもデザイナー、制作会社などの制作サイドが、経営におけるデザインの重要性を認識していないとどうにもなりません。
実際のところ、そういった認識で制作している企業やデザイナーがどれだけいるのかは分かりませんが。

原因2:広告代理店など中間業者の認識

仮に制作会社が認識していなくても、広告代理店などの中間業者がちゃんと認識していればそのように指示・依頼できます。
しかし、中間業者にそういった認識がない場合は、制作サイドの意思や意図が中間業者でストップしてしまうことになるでしょう。

原因3:依頼側の認識

依頼企業側の誰が窓口担当であるかによっても、経営におけるデザインの重要性の伝わり方が変わります。
経営のトップに近い人が窓口担当になれば、制作側(制作会社、あるいは中間業者)は経営におけるデザインの重要性を比較的伝えやすくなります。
しかし、ある程度の規模の会社で、担当者がトップマネジメントから階層が離れるほど、重要性を伝えることが難しくなります。
担当者が経営を意識できなかったり、担当者が認識できても経営におけるデザインの重要性が経営のトップ層まで伝わりにくいからです。
そもそも、従業員に経営理念が浸透していないケースもありますね。
以上のように、依頼側と制作側のいずれかに認識不足の人がいる場合、チグハグなものができあがってしまうことになるでしょう。

実際、大企業でも経営レベルでデザインを適切に活用できている企業の方が少ないと感じています。
担当者が自分の好みでデザインの判断を行っていたり、こちらは客だから言うことを聞けといったことは、企業規模の大小は関係ないからです。

解決策

「経験や知識が無い方でもここだけ見ればOKです」と言えるようなポイントはありません。
当然ながら、デザインの良し悪しを判断するには、それなりの経験や知識が必要です。

しかし、意識するとしないとでは結果は大きく変わるでしょう。
具体的には、企業理念やフィロソフィー、ドメインなどをもう一度確認したうえで、従業員間(少なくともデザインの可否の判断をする人)で徹底してください。
そして、それに基づいてデザインを判断するように指示してください。

制作依頼時には、まず経営理念や事業ドメイン(誰に、何を、どのように)をしっかり説明します。
その後、デザインを提出してもらう際に、説明をどう汲み取ったのか、デザインのコンセプトを口頭でもコンセプトシートでも結構です、デザインの提示よりも先に説明してもらうようにしましょう。
もちろん、その説明が見当違いでしたらどんなデザインでも無意味なものです。見るまでもなくボツになります(せっかくですので見たいでしょうし、好みのデザインだからといって、それでOKを出さなければ見るのはもちろんOKです)。

その上で、コンセプトにどう沿っているのかの説明を聞きながらデザインを確認すれば、説明とデザインが合致しているかどうかの判断材料をもちながら確認ができるはずです。

これらは依頼側だけでなく、制作側にもメリットがあります。
依頼している本人にさえよく分かっていない「好み」というものに合致するように何度も作り直しながら手探りで制作しなくてよくなります。
さらに、論理的に判断してもらえるなら、制作サイドは明確な基準をもって制作することができるので、仕事がしやすくなります。

その結果、好みを手探りしながら作るよりも制作期間が短くなること、基準が明確なので制作物のクオリティも高まります。
さらに、コンセプトを汲み取った上で別のアプローチの提案などもしてもらいやすくなるという、依頼側にとっての新たなメリットも発生します。

最後に

デザインを経営レベルで判断し、活用するという意識をもった企業は、大企業にも少なく、中小企業ではほとんど存在しないでしょう。
そのためデザインをうまく活用できるようになることで、企業は大きな武器を手に入れることになりえます。
今まで気にされたことがなかったかもしれませんが、少しでもデザインを活用していただけたらと思います。

ご依頼やご相談、お問い合わせなどはこちらより受け付けております。
初回のご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください