給料が高いか低いかを決めるのは誰か?

給料が高いか低いかを決めるのは誰か?

従業員は労働力を提供し、経営者は給料を支払います。
従業員は労働力に見合った給料が欲しいわけですが、労働力に見合わない給料だったら、モチベーションが下がりますし、挙句の果てに転職ということもありえます。

さて、労働力と給料のバランスが取れているかどうかは誰が決めるのでしょうか?
それは、あくまでも従業員の側です。

経営者側にも言い分はあるでしょう。
厚生年金や健康保険などの社会保健の内の半分は会社が支払っているし、一人を雇用すると給料の3倍程度の費用がかかると言われています。
ですから、それに見合った売上を上げてもらう必要があります。
では、従業員に、「手取りで○○万円に見合った売上は×××万円だ」とか、「現在の給与水準からアップするなら、売上を最低△△△万円アップしろ」等々、目標を伝えていますか?

従業員とは毎月決まった日に決まった額の給料が銀行口座に振り込まれるものだと思っています。
それは個人の能力の問題ではなく、また企業の大小を問わず、立場が従業員だからです。
ですから、そういったことは言わなければ伝わりませんし、実際に経営者、事業主を経験した従業員でもない限り、頭では分かっていても…というレベルにしかなりません。

同じ仕事をするなら給料は高い方が良い。
高い給料をもらうためには、それに見合った売上を上げなければいけない。
そのためには会社が活躍できる環境を作らなければいけませんし、売上の目安を伝えないと、従業員の給料に対する不満は消えません(伝えると消えるか、と言われると必ずしもそうだとは言えませんが)。
上記したようにモチベーションが下がり、挙句に転職…これでは企業側も従業員側も不幸です。

繰り返しになりますが、大事なことなのでもう一度書きます。
給料を決めるのは経営者側ですが、それに対して高いか低いかを決めるのは従業員側です。

従業員側の意思決定に介在することはできませんが、「手取りで○○万円貰うためには、売上を×××万円上げる必要がある」と説明し、理解を求めることは多少なりともできるでしょう。
業種業態や職務内容によっては、売上目標などの定量的な基準の設定が難しいケースもあるでしょうし、理解してもらえるとも限りません。
ですが、言わなければおそらくずっと理解してもらえないままで、不満が貯まることはあっても解消するのはなかなか期待できないと思いますが、いかがでしょうか。

ご依頼やご相談、お問い合わせなどはこちらより受け付けております。
初回のご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください