自分の目で見る

自分の目で見る

脱サラしてラーメン屋をやりたい、カフェをやりたい、隠れ家的バーを…こういった脱サラして飲食店を始めたいと考えている方は少なからずいらっしゃいます。
理念や想いをもって、新たなスタートを切っていただくのは素晴らしいことだと思います。
しかし、自分がどういう店をどこに出すのかというイメージはあると思いますが、その場所の客層や見込み客の数などは掴んでいますか?

以前に「肌感覚」というタイトルで、飲食店に勤めていて、自分の店を持ちたいと考えられている方は肌感覚で掴んでいる旨書きました。
立地や店の種類でどのぐらいの集客が見込めて、客単価いくらで何席あって、何回転して売上がいくら…飲食店で勤務した経験のない方は、こういった具体的なイメージや感覚は当然ながら持ち合わせていません。

自治体や商工会議所などの公的機関で飲食店を初めてされる方向けのセミナーやサポートを行っていますので活用されたら良いと思いますが、それはあくまでも経営を行うに当たっての知識や飲食店の業務に関しての知識です。

どこにどんな店を出したら繁盛するかを判断し、行動するのは自分自身です。
ご自身の目で、出店を考えている場所を、営業時間と考えている時間帯、曜日に訪問して、見込み客の数、客層、どんな店(競合)があるか、周辺の店の客の入り方、周辺のロケーションなどを実際に見に行っていただきたいと思います。

もちろん、それをやったら成功するという保証はありませんが、強い思いにプラスして現実とのすり合わせをすることで、すこしでも成功率が上がるのではないかと思いますが、いかがでしょうか。

ご依頼やご相談、お問い合わせなどはこちらより受け付けております。
初回のご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください