言い訳

以前書いた記事を違う角度からリライトしてみました。

言い訳

ピアノの弾き方を口頭で説明されても、ピアノが弾けるようにはなりません。
説明する人が世界トップクラスのピアニストであっても、子供の時にピアノ習ってたという一般人であっても同じです。
自分で手を動かさない限り、ピアノが弾けるようにはなりません。

さて、知識に対して時間や金の投資は必要です。
自分のリソースが増えなければ、できることも増えません。
そうなると新たな成果を上げることも難しくなってしますかもしれません。

ですが、知識を得るための投資は、あくまでも使用を前提とした知識に限られます。
本を読む、あるいはセミナーに参加してみる、そこで得た知識を実際に使用しないのであれば、単なる知識のコレクションであって、言い換えたらただの趣味だということになります。

確かに新たな知識を身につけると前に進んだ気はします。
ですが、知的好奇心は満たされるものの、一歩も前進はしていないはずです。

一番の問題は、行動に移さないといけないことがあるのに、知識の取得という行為を、行動を先延ばしにする言い訳にしていないかということです。

いかがでしょうか、自戒の意味もあって書いた記事ですが、一般にも通じる話ではないでしょうか。

ご依頼やご相談、お問い合わせなどはこちらより受け付けております。
初回のご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください