言葉の意味

言葉の意味

今年は戦後70年ということで、例年以上に「平和」という文字を見ます。
この平和という単語の意味って答えられますか?どういった状態が「平和」なのか、認識はどれだけ共有されているでしょうか。
例えば日本は平和ですか?

「平和」という単語を辞書で引いてみました。

へい‐わ【平和】

[名・形動]
1 戦争や紛争がなく、世の中がおだやかな状態にあること。また、そのさま。「世界の―を守る」
2 心配やもめごとがなく、おだやかなこと。また、そのさま。「―な暮らし」

デジタル大辞泉より引用

いかがでしょうか、これらが正しい意味だとして、皆が同じ認識だったでしょうか?
さしあたって日本は平和に該当しますか?領土紛争はないですか?

ふん‐そう〔‐サウ〕【紛争/紛×諍】

[名](スル)事がもつれて争うこと。もめごと。「領土問題で―する」

デジタル大辞泉より引用

日本政府の立場で言うと領土問題は存在せず、北方領土も竹島も日本の領土ですが、中国と台湾が領有権を主張している尖閣諸島も含めて、紛争地域に該当しないでしょうか。
だとしたら、平和ではないのではないでしょうか。

さて、前置きが長くなりましたが、普段から使用している言葉で、その意味する範囲が広くて相手に正確に伝わっていない、定性的で相手が意図するところをイメージできない、あるいは自分だけにしか分からない意味として使っていないでしょうか?
指示、命令や依頼時にトラブルになったり相手を混乱させる元になってしまいます。

私の経験ですが「作る」という単語で齟齬があったことがあります。
「ホームページ(正確にはWebサイトですね)を作れるのか」という質問に「作れます」と答えました。
これってどういう意味だと思いますか?

「作る」と言うと、企画してデザインして、コーディングして、サーバーにアップロードして…ぐらいの感じだと思われたのが一般的でしょう。私もそう思いました。
しかし、それをおっしゃった方の「作る」は私に「作れ」と言えば、人を集めるなりなんなりして、指示を出してWebサイトを期日にローンチすることという意味で使われていました。

大阪城をつくったのは誰?に対して、豊臣秀吉と答えたら、答えは大工さんというあれに似ています。
実際に木や漆喰で建物を作るなどの実作業も作る(造る)でしょうし、戦略的な意図から石山本願寺跡に大阪城を築城することを企画することも広義の作る(造る)でしょう。
この場合は作るのではなく「作らせる」をもって「作れるか?」と聞かれていますので、「作る」という単語の意味に齟齬がありました。

加えて「コーディネート」と言い出したので、これは危険だと思って「コーディネートってどういう意図で使ってますか?」と、単語の意味をいちいち確認することにしました(Webサイトを制作するにあたって「コーディネートする」って何のことか分かりますか?私には分かりませんでした)。

他には「シンプル」「目立たせる」「バランスが悪い」などもあるでしょうか。
言葉で表現しようとそうなるのかもしれませんが、定性的な表現なためにあるべき姿が分かりません。
比較対象などを用意したり、「理想を10としたら現状は5ぐらい」のように定量化するなど、解決方法はいくらでもあると思いますが、そもそもとして自分の言い方、言葉の使い方が相手を誤解させる、混乱させるという認識がありません。

発注側は、限定的な表現になっているか、定性的なことはできるだけ定量化する、具体的にいうなど、誤解なく伝わるように。
受注側は、あいまいだと感じたことは確認する、定性的なことは定量化できるように聞き直す、具体例を出させるなどして自衛するしかないでしょう。

受注側にとって非常に大きな問題となるのが、代理店などが間に存在するパターンです。
代理店の担当者が役に立たないと制作側が非常に困りますが、制作側が代理店に色々確認しても、そもそも代理店の担当が分かってないので当を得た解答は期待できません。
そのくせ直接発注側に連絡を取って聞こうとすると怒る代理店もいます。
こればかりは解決が非常に難しいです。代理店の担当者に根掘り葉掘り聞いて、この程度のことは聞いておかなくてはいけないと思ってもらうしかないかもしれません。

ご依頼やご相談、お問い合わせなどはこちらより受け付けております。
初回のご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください