連絡先が画像

連絡先が画像

さすがにここがそうですとリンクを張る訳にはいきませんが、ネット上には詐欺サイトが存在します。

例えば、有名な通販サイトのオリジナル商品の画像をgoogleの画像検索で検索してみると、まれに他のECサイトが検索結果に表示されることがあります。
そういうのは、中国人が作った金だけ受け取って商品を送らない詐欺目的のECサイトなのですが、中国人が作っているので日本語がおかしかったりします。
よく見たら怪しいと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

日本人が作った詐欺のECサイトも、100%ではないものの見分け方があります。
ECサイトの場合だと「特定商取引法に基づく表記」を法律で義務づけられていますが、その特定商取引の基づく表記ページをご覧いただくと以下のことが書かれています。

  • 事業者名(個人事業主の場合は氏名)
  • 事業者の住所(個人事業主の場合は事業所の所在地)
  • 電話番号

これらは必ず掲載しないといけない情報の一部なのですが、これらで検索してみて、企業の情報が出てくるでしょうか?
登記して日が浅い企業ならいざしらず、今日日Webサイトが無い企業であっても、ネットに一切の情報がない企業は珍しいです。

余談ですが、義務違反者には業務停止命令などの行政処分があります。
詳細は消費者庁のサイトをご覧ください。

ECサイトの他には、個人情報取得のために懸賞サイト(もちろん何も当たりません)を運営するケースもあります。
また、メールマガジンやポータルサイトを運営していて、広告を出稿してもらうためにユーザー数や広告へのクリック率が実際よりも多いように宣伝したりするケースもあります。
そこでも運営企業の情報で検索してみてください。
そもそも、どこが運営しているのか運営企業の情報が一切ないなんて雑なケースもあります。
その癖に一丁前にコピーライト表記があったりしますが、その表記の名前で検索してみてください。

さて、こういったことがあるので注意しましょうねという訳ではありません。

上記したような詐欺やスパム請負などをやっているWeb制作会社も少なからず存在します。
詐欺しかやってない企業もありますが、まっとうな仕事と詐欺と両方やっている企業もあります。
何にせよ、そのような企業に制作依頼をする、あるいは弁護士や税理士の先生が顧問契約するのはモラルとしてどうしたものかと思う部分があります。
どんな企業だろうが顧客だと考える方もおられるかもしれませんが、個人的には遠慮させていただきたいです。

では、そういった詐欺をおこなうWeb制作会社の見分け方をご紹介したいと思います。
もちろん、事業内容に「詐欺」「スパム請負」などと書いている訳ではありません。

会社概要のページに企業の情報が表になって掲載されていると思いますが、これらの情報をコピー&ペーストするためにドラッグできますか?
ひょっとして画像になっていませんか?文字の上で右クリックすると「名前を付けて画像を保存(V)」なんて表示されると、テキストではなくテキストに見せかけた画像です。

なぜ、画像にしているかというと、検索エンジンに掲載されないようにするためです(そうでないケースもあるかもしれませんので、絶対にそうだとは言い切れませんが)。
テキストだと検索エンジンに掲載される可能性がありますが、現在の技術では画像に書かれたテキストを検索エンジンが正確に判断して検索結果に反映するのは難しいです。
詐欺、詐欺まがいをやっている企業は事業に応じていくつも名前を使い分けているケースがあるのですが、そのような企業は、企業の情報がネット上に記録されると新たな事業(詐欺)をするときに影響が出かねません。
まっとうな事業への影響がないように、詐欺サイトを運用している企業とは別企業だと装う訳です。
そのため、所在地や連絡先などの情報が検索エンジンに記録されないように画像にしている訳です(まっとうな企業でも、スパム防止のためにメールアドレスのみ画像にしているケースもあります)。

普通に考えたら、Webサイトを制作しているということは不特定多数の方に自社の情報を知ってほしいということです。
であるにも関わらず、掲載されない、記録されないようにしている訳です。
やましいことがなければ、ネット上に自社の情報が記録されるのを嫌がるなんてことがあるでしょうか?

繰り返しますが、そのような企業は遠慮なく潰れていただいて構わないと思っているので、ちゃんとした事業で頑張っている企業様を応援したいです。

ご依頼やご相談、お問い合わせなどはこちらより受け付けております。
初回のご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください