面接

企業や事業者が人材を新規採用するにあたって、面接を行います。
それで求職者の良し悪しを判断する材料にするわけですが、同様に求職者も企業を見ています。

デザイナーという職業は腕で食べているということと、経営が脆弱な企業が多いということから、他業種よりも転職回数が多いと思われます。
私も例にもれず何回か転職をしているのですが、1回の転職時に数十社面接を受けて、何社か内定を頂いた中で選択するという方法でやってきました。
正確な数は分からないものの、面接を受けた回数は100数十社は下らないでしょう。
そうなると、面接の際に「ああ、この会社はあかんな…」と分かるようになってきます。

いくつか例をご紹介します。

[case:1]

大手が先行しているサービスを後追いで始めたいといったものがありました。
具体的にいうと不動産検索のHOME’Sみたいなことがやりたいとのことでした。
さすがに全く同じではなく、若干異なる点もあると言っていた記憶はありますが、どう違うのかははっきり覚えていません。
経営者の方の目標や想いだけが先行していて、その差別点に対して、不動産業者側と不動産や部屋を探すエンドユーザーにとって、HOME’Sではなく、それを利用するメリットがどれだけあるのだろうか、みたいに感じたことは記憶しています。
また、イニシャルコストがどれだけかかるのかという点も全く分からないようでしたし、デザイナーがいたら同じようなシステムが作れると安易に考えているようでした。

ちなみに、そのサービスを実際に行ったかどうかは知りません。

[case:2]

確か地下鉄谷町線沿線にあった会社だと記憶していますが、「地下鉄は終電が早い…云々」と地下鉄で通勤するのが都合が悪いかのように言われたことがあります。
なんでも「お客様を感動させる」ために、あるスタッフは毎日終電で帰り、早朝に出勤するのだそうで、要するに「お客様を感動させる」ために長い拘束時間を要求される訳です。
従業員にそれだけの負担を強くというのは、従業員が無理をしないとやっていけないということで、すぐに破綻するなと感じました。
ですから、「お客様を感動させる」と熱っぽく何度もおっしゃってましたが、何をもって「お客様を感動させる」なのか聞く気にもなりませんでした。

社名すら覚えていないので、その後どうなったかは分かりませんが、普通に考えて数年待たずに倒産していると思います。

[case:3]

何も聞いてこない会社がありました。
こちらも質問したいことは色々とある訳ですが、企業も応募者に対してどういった経験・スキル、人間性なのか等を知るために面接をするんだと思います。しかし、その会社の面接官は何も聞いてきません。
質問の内容や受け答えに対する反応を見るというのはあるでしょうが、向こうからの質問は「他に質問はないですか?」しかありませんでした。

面接官が複数いて、メインでしゃべっている方以外は何も聞いてこないばかりか、メインで面接している方から何か質問はないかと話を振られたときに「別にありません」と答えるというのはよくあります。
雰囲気的に聞くことがないというよりも、何を聞けばいいのか考えていないとか、分かってないように感じました。

面接される側から見て印象は悪いと感じる人はいても、良いと感じる人はいないでしょうね。

他にも色々な例はあるのですが、キリがないのでこれぐらいにしておきます。

さて、中小企業が良い人材を確保できない…なんて話をよく聞きますが、理由の一つに面接がまずいというのもあるのではないかと感じています。
大企業と比べて…とか、会社の魅力を訴求できない…などの前に、そもそもこの社長と一緒に、あるいはこの人と一緒に仕事したくないなと思われるような面接をやっていないか、利害関係のない方に客観的に見ていただくというのはいかがでしょうか。

ご依頼やご相談、お問い合わせなどはこちらより受け付けております。
初回のご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください