古典に学ぶ(礼記)

古典に学ぶ(易経)

五経の1つである礼記(らいき)は、周(BC1046年頃~BC256年)から漢(BC206年~AC8年)にかけて、儒学者がまとめた礼に関する書物を、戴聖がさらに編纂したものです。
そんな礼記から、いくつかビジネスにも役立ちそうな言葉をピックアップしてみました。

教うるは学ぶの半ばなり

人にものを教えるということは、自分の勉強にもなるという感じの意味でしょうか。

ラーニングピラミッドをご存知でしょうか?
詳細は検索していただいたら良いと思いますが、ただ授業を受けてもほとんど定着しないが、人に教えると90%定着するというものです。
割合の根拠は不明だそうですが、確かにただ人の話を聞いているだけよりも、教える方が勉強になるのは間違いないでしょう。

学びて然る後に足らざるを知り 教えて然る後に困しむを知る

学べば学ぶほど自分に不足しているものが分かるから、学ぶことは終わりがないことを知って、自分が人に教える立場になったら自分の未熟さを思い知るといった感じのといった感じの意味でしょうか。

従業員のスキルアップを従業員任せにしていないでしょうか?それともそういったことをやっていない企業がほとんどでしょうか?
必要なこと、学んでほしいことのテーマを決めた上で、持ち回りで先生を決めて、その人が教え役をやるなどすれば、従業員の効果的なレベルアップが図れるかもしれません。

善く問いを待つ者は鐘を撞くが如し

この「善く問を待つ者」とは立派な教師という意味、「鐘を撞く」のは教わる生徒側ということだそうです。
そして後は以下のように続きます。

これを叩くに小を以てする者は小鳴し
これを叩くに大を以てする者は大鳴す
その従容を待ちて然る後にその声を尽くす。
問に答うるに不善なる者はこれに反す

つまり、立派な教師は教わる生徒次第で反応が変わる。つまらない質問をすればつまらない答えが返ってきて、良い質問をすればためになる答えが返ってくる。という感じでしょうか。

教わる側の心づもりを言っている訳ですが、従業員教育をするにしても積極的な動機が無ければ鐘を撞く事すらしないかもしれません。

ロボットやAIにとって代わられる業務も今後出てくるでしょう。
そうなると、人間は人間にしかできないことをやっていかなくてはいけません。
しかし、そのためには今のままではダメで、自身のスキルやノウハウを今より向上させなければいけません。
その必要性を理解させ、自ら学びたいと思える組織づくりが必要であると思われますが、いかがでしょうか。

何のプロか

何のプロか

有効求人倍率が全ての都道府県で1を超えている売り手市場の中、人手不足がかなり深刻な業種があります。
製造業はそのうちの一つですが、今後は生産力向上や安全性向上のためにもロボット導入が進むでしょう。
そのために経済産業省のロボット導入のための補助金にさらに予算が割かれるのは間違いないと思います。

ロボット導入のコンサルタントの方に聞いた話ですが、平成28年度ロボット導入実証事業に採択された事例を見ていて、「こんなことで、望んでいるような効果なんか出ない」という事例も多々あるそうです。

経営目標を達成するための手段としてロボットを導入する訳です。
そのタイミングで補助金を使用すると有利だから補助金を使用するというのが本来の筋ですが、実態はどうでしょうか?

批判めいたことを書きますが、補助金の代書は金になるのでそれっぽいことをペンを舐めて書く、つまり代書業者が儲けるために企業様がダシにされているという点は否めないと思います。
実際に補助金採択された件数や割合を訴求している代書業者は多いですが、自分が代書した申請書で企業がこれだけ成長したと謳っている代書業者はいるのでしょうか?

例えば、ロボット導入実証事業の補助金を活用するなら誰が申請書を書くべきでしょうか?

導入したい企業自身?新しい事業のことを一番よくご存じなのは企業自身ですが、ロボットや補助金を書く能力は?
補助金代書業者?補助金代書業者は補助金を書くのは得意かも知れませんが(補助金代書をたくさん受けていても、実は採択率が補助金の採択率よりも低い業者もあります)、事業についてやロボットについての知識はあるのでしょうか?
ロボット導入のコンサル?ロボットには詳しいですが(今現在の時点で、中小企業向けのロボット導入の豊富な経験のある人は少なそうですが。知識がないのにコンサルと名乗っている人もいるかもしれません)補助金を書く能力はどうでしょう?

その新規事業に関するプロか、申請書を書くプロかは全く違います。
補助金を活用したい企業様は代書業者を活用しても良いかもしれません。
しかし、事業を成功させたい企業様は、慎重によく考えて頂くのが良いのではないかと思いますが、いかがでしょうか?

燃料

ホンダが燃料電池自動車「CLARITY FUEL CELL」のタクシー運用を6月末をめどに開始するとのことです。

電気自動車は急速充電設備でも充電に30分かかり、100km程度しか走れません。
記事によりますと、CLARITY FUEL CELLは水素充填に3分、フル充填時の走行距離は約750kmとのこと。

EVは、いわば大きなラジコンですのでさほど技術が無くても作れますし、ガソリン車に代わる次世代の自動車製造においてイニシアチブを取るために経済産業省も燃料電池自動車を推し進めようとしています。
参考:水素・燃料電池戦略ロードマップ改訂版

EV、燃料電池自動車、ガソリン車、ディーゼル車などの種類を問わず、自動車を動かすには燃料が必要です。
その燃料が充分に入っているから遠くに行ける訳です。

さて、起業したいと考えられている方とほぼ毎日接していると、起業の思いも人それぞれだと再確認します。
概ね皆さん強い思いをもって起業しようとされているように思います。

起業したい人のほとんどは業務を行うスキルやノウハウを持っています。
無い方もいらっしゃいますが、この領域のコンサルを行うコンサルタントもいらっしゃいます。
経営者としての知識は人それぞれですが、それは我々のようなコンサルタントがサポートすべき領域の話です。

ただ、理念や想いの部分はコンサルタントがどうこうできる領域ではありません。
これらは車で言うなら燃料に該当する部分だと考えています。

理念や想いは行動の原動力であり、これらがあるから行動ができる訳です。
また、スタートアップ時はどなたにとっても大変な時期だと思いますが、それを乗り越えられるのも起業するにいたった強い理念や思いがあるからではないでしょうか。

逆説的ですが、今現在、あるいは今まで行動していないのは理念や想いがないからです。
「起業のために何の行動もしていないけど、サラリーマンが嫌だから起業しよう」「理念や想いはないけれど、スキルを身につければ起業してもやっていける」「儲かりそうな話を聞いたから」なんて方は、多分やっていけないので考え直すことをお勧めします。
そういった方は、強い理念や想いが自分の中で沸き上がった時、改めて起業すれば良いのではないでしょうか。

自分の目で見る

自分の目で見る

脱サラしてラーメン屋をやりたい、カフェをやりたい、隠れ家的バーを…こういった脱サラして飲食店を始めたいと考えている方は少なからずいらっしゃいます。
理念や想いをもって、新たなスタートを切っていただくのは素晴らしいことだと思います。
しかし、自分がどういう店をどこに出すのかというイメージはあると思いますが、その場所の客層や見込み客の数などは掴んでいますか?

以前に「肌感覚」というタイトルで、飲食店に勤めていて、自分の店を持ちたいと考えられている方は肌感覚で掴んでいる旨書きました。
立地や店の種類でどのぐらいの集客が見込めて、客単価いくらで何席あって、何回転して売上がいくら…飲食店で勤務した経験のない方は、こういった具体的なイメージや感覚は当然ながら持ち合わせていません。

自治体や商工会議所などの公的機関で飲食店を初めてされる方向けのセミナーやサポートを行っていますので活用されたら良いと思いますが、それはあくまでも経営を行うに当たっての知識や飲食店の業務に関しての知識です。

どこにどんな店を出したら繁盛するかを判断し、行動するのは自分自身です。
ご自身の目で、出店を考えている場所を、営業時間と考えている時間帯、曜日に訪問して、見込み客の数、客層、どんな店(競合)があるか、周辺の店の客の入り方、周辺のロケーションなどを実際に見に行っていただきたいと思います。

もちろん、それをやったら成功するという保証はありませんが、強い思いにプラスして現実とのすり合わせをすることで、すこしでも成功率が上がるのではないかと思いますが、いかがでしょうか。

肌感覚

肌感覚

飲食店は起業2年以内の廃業率が50%、3年以内の廃業率が70%、10年後まで生き残るのは10%とも5%とも言われたりします。
廃業の理由は様々でしょうし、自力ではどうしようもない理由による廃業もあるでしょう。
しかし、これらの数値は特に飲食店だけのものではありません。

飲食店を始めたいとおっしゃる方とよくお会いします。
元々居酒屋で働きながら貯金して、いよいよ自分の店を持ちたいなどおっしゃる方はやはりどこに出店して、客単価n円、席数n席、回転率n回で…とイメージができています。
一番の特徴は提供する料理の味に自信があるからやっていけると言わないことです(もちろん自信がない人は起業なんてしないでしょうが)。
飲食店は立地が重要ですが、外部環境に左右される要因が他の業種より多いのかもしれないことが理由の様に感じます。

逆に自分の腕に自信があって起業する人が多い業界もあるかと思います。
しかし、飲食業以外を起業しようとしている方以外は、あまり具体的な売上プランを考えているケースは少ないように思います。
飲食店に勤めていらっしゃる方はお客様の入りぐあいなどを見ているので、売上を単なる数字としてだけではなく、肌感覚として掴んでいるんだと思われます。

ただ、それでも企業から数年以内の廃業率は業種を問わないように思えます。
この辺りは経営の難しさなのでしょうか、それとも他の要因でしょうか。

あるメイクアップアーチストの事例

あるメイクアップアーチストの事例

突然ですが、私の経験した話を紹介いたします。

10年前の話になりますが、あるメイクアップアーティストの方が、プロのメイクアップアーチストを目指す方向けの少人数のスクールを行いたいという話がありました。
私がある会社に入社した時には、そのメイクアップアーチストのメイクアップスクールのWebサイトが完成していて、それをどう訴求しようかという話になっていました(とりあえず作って、さてどうしようかというのもおかしいのですが…)。
その件がその後どうなったのかまでは知らないのですが、起業したいとおっしゃる方々と日々接していて、その件を思い出したので例として紹介いたします。

さて、プロのメイクアップアーチストになりたい人っていうのが、どれだけいらっしゃるのでしょうか。
今後増えるのでしょうか、それとも数は横ばいでしょうか、減る見込みでしょうか。
事業としてやっていけるだけの市場がなければ、そもそも事業が成り立ちません。
増えるなら市場として有望かもしれませんが、減るなら魅力のない市場になるかもしれません。

プロのメイクアップアーチストになりたい人っていうのは、どういった属性、特徴なのでしょうか。
それらが分かっていなければ、ユーザーのニーズも掴みにくいでしょうから、プロダクトアウトになってしまいます。
プロダクトアウトが駄目だということではありませんが、ユーザーのニーズに合っていなければ人は集まりません。
また、相手のことが分からなくては、効果的な訴求ができません。

競合はいるのか、いるとしたらどういった特徴なのでしょうか。
自分にとって魅力のある市場なら、当然競合にとっても魅力のある市場であってもおかしくありません。
競合の規模はどうなのか?競合はどんなことをやっているのか?競争を回避するためには?競争に勝つには?
それらは、自身の戦略や行動に影響します。

件のメイクアップアーティストの方は男性だったのですが、自身の技術にかなりの自信を持っているとのことでした。
周知さえできれば、その技術を身につけるために人が集まると考えていらっしゃったようです。
男性からは習いたくないと思っていたら、習いに来る人はいませんよね。

自身がスキルを持っていたとしても、市場がなければ売れません。
市場があっても、ニーズから外れると見向いてもられません。
ニーズと合致していても、競争環境が激しくて収益が上がらないかもしれません。

自分の職業人としてのスキルに自信があって起業されようとしている方は、特にご注意ください。

群盲象を評す

群盲象を評す

「群盲象を評す」という言葉があります。
元々はインド発祥の寓話だそうですが、意味は以下の通りです。

《多くの盲人が象をなでて、自分の手に触れた部分だけで象について意見を言う意から》凡人は大人物・大事業の一部しか理解できないというたとえ。群盲象を撫 (な) ず。群盲象を模す。

デジタル大辞泉より引用

さて、企業においてはそれぞれの従業員はそれぞれの立場でものを見ます。
それぞれの立場でしか見れないという方が、表現として正しいかもしれません。
それは能力が足りていないというよりも、置かれた立場が違うために、見えている範囲が違うことに起因します。

従業員の方からの提言や報告、情報などを全社的な視点を持って判断するのは経営者様の仕事です。
経営者様自身は、その判断理由や意図を言わなくても分かってくれているだろうと考えられているかもしれませんが、それぞれの従業員は全体を見ることができないので、経営者様の判断が的確かどうかの判断ができません。

付け加えるならば、自分が提言、あるいは報告したことがどれだけ受け入れられたか、という点でしか判断できません。
そのため、せっかく提言しても受け入れてもらえない、せっかく報告しても中途半端にしか聞き入れてもらえないと従業員の方がかえって不満に感じることもあり得ます。

もちろん従業員の言うことをすべて受け入れることはできないでしょう。
ですから、提言、情報の一部のみを採用するに当たっての理由をきちんと伝える必要があると思います。
ただし、理由だけだと言い訳してやらない、意見しても聞き入れない社長だなどの不満を生んだり、あらぬ邪推をされたりする可能性もありますので、会社全体の情報を提供しつつ、こういう提言をしてほしい、こういう情報はないかと次の要求をしてみてはいかがでしょうか。
こうすることで、今後の従業員のモチベーション向上にもつながらないでしょうか。

迷惑な戦力

迷惑な戦力

従業員の評価はセンシティブであり、経営者様の悩みの種ではないでしょうか。
公平性や透明性は担保する必要がありますが、やっている仕事も異なると同じ条件で評価できません。
与えられたタスクをこなすことに対する評価は判断しやすいかもしれませんが、+αの仕事に対しては評価は難しいでしょう。
だからといって評価がおざなりだと、従業員は+αの仕事に対するモチベーションが下がり、決められたルーチンしかしなくなるでしょう。

自分に与えられたタスクはしっかりとこなしているのですが、

  • 仕事中にSkype等で会社や他の従業員、クライアントの悪口や愚痴などを他の従業員とやりとりしている。
  • 昼休みで外出した際に時間通りに帰ってこないというように、仕事以外の点でルーズ。
  • 部下の失敗などに対して、口頭で本人に注意すれば良いものの、従業員全員が見るメールなどで見せしめ的にさらし者にする。

等々、他の従業員に悪影響を及ぼすケースは、言うなれば-αで、+αよりも評価は難しいかもしれません。

何せ本人は与えられた仕事をちゃんとしていると思っています。
実際に仕事そのものはちゃんとするために自社にとっても戦力であるかもしれません。
ですから、態度は改まらないし、時間の経過とともに態度はもっとひどくなる可能性があります。

評価基準が「与えたタスクをどの程度こなしている」という尺度のみで、与えたタスクをこなしているから管理職ができるだろう、もっと上で使えるだろう、と考えてマネジメントのポジションに就けると与えられたタスクは100点満点でこなす、職場を乱す天才になってしまう可能性があります。
パワハラなどの問題を起こす前に、話し合って不満を聞くなり(要望を聞くにも限度がありますが)、叱るなり、諭すなりする必要があります。
貴社は大丈夫でしょうか?

ルートを広げる

ルートを広げる

最近絶賛入信キャンペーン中なのか、なかもず駅前や新金岡駅前でエホバの証人を見かけます。
私個人はエホバの証人についての知識もありませんし、実はさっき家に来たのですが、読まれもしない冊子を配ってる得体の知れない人たちという認識以上のものを持っていません。
聞くところによると、エホバの証人はキリスト教の中でも異端扱いで、エホバの証人の子供は他(エホバの証人以外)の子供と遊んではいけないとか、ヨーロッパではセクト(反社会的な閉鎖的団体)扱いされているとか。

さて、同じメンバーだけの交友というのは、結局それが楽だからだと思います。
同質性がある程度担保されているので、違う属性を持った新たな人がと交わることによって起こり得る摩擦を感じずに済む…要するに馬が合わないということも少ないということでしょう。
要するに排他することで、(良いことも悪いことも含めて)新たな刺激を受けないようにしているということでしょう。

同じレベルで語るのは妥当ではないかもしれませんが、経営者様も同業者以外の交友を図るのが嫌い、あるいは苦手な方っていらっしゃいませんか?
あくまでも個人的な感覚でしかないのですが、商工会議所や中小企業家同友会などに入って積極的に他の経営者様と交友を図るタイプの経営者様の会社は、そうでない経営者様の経営する会社と比較して業績が良いように思います。

多くの色々な属性の方と交友を図ることで、入ってくる情報の量や種類も増えますし、逆に自分が発信した情報の伝達の範囲も広がります。
まだ出会っていないお客様と出会うためには、そのお客様と繋がるためのルートが必要で、そのルートは多ければ多いほど繋がる確率も高まります。

結果を変えるためにはプロセスを変える必要があります。
つまり、停滞している状況を打破するためには、自らの動きを変えることが必要です。

今まで行ったことのないところに行って、違う属性の方との繋がりを作るというのは、さほどリソースを必要としませんし、比較的簡単にできるプロセスの変更だと思うのですがいかがでしょうか。

起業家と学び

起業家と学び

Googleで“起業セミナー”で検索してみるとセミナーや起業したい人向けの情報がヒットします。
有用なもの、役に立たないもの色々あるのでしょうが、起業した後も勉強しているでしょうか?という話です。

本田技研工業の創業者である本田宗一郎は東海精機重工業株式会社(現在の東海精機株式会社)を作った後、浜松高等工業学校(現在の静岡大学工学部)機械科の聴講生となり、金属工学の研究を3年間行いました。

ダイエーを創業した中内功は実家(サカエ薬局)が新たに開店した友愛薬局で働きながら、復員後旧制神戸経済大学(現在の神戸大学)に戦後設置された第二学部(夜間)に通っていました(商売が忙しくなって中退しましたが)。

LIXILグループの元となった日本建具工業株式会社設立者の潮田健次郎は日経新聞の私の履歴書(私の履歴書 復刻版 潮田健次郎 第15回 軌道に乗る 先にらみセミナー通い トップは独り「勝つチャンス」)でセミナー通いをしたことを語っています。

起業する前に勉強することは重要です。
しかし、起業した後の勉強は単なる知識では終わりません。
実際の経営を鑑みながらですから、より吸収できるし、実際の事業に応用しやすく、より成果が出しやすいと思いますが、いかがでしょうか。

ご依頼やご相談、お問い合わせなどはこちらより受け付けております。
初回のご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください