NAS

NAS

NASといってもNetwork Attached Storageことではなく、No Age Statementです。
No Age Statementとは年数表示がされていないウィスキーのことです。

ブレンデッドウィスキーやバーボンなどではもともと年数表示がないものも多いのですが、スコッチウィスキーやジャパニーズウィスキーでは年数表示があるものが主流でした。
近年、各メーカーから年数表示のないシングルモルトウィスキーが次々と発売されるようになりました。
その理由は、ウィスキーの需要が増えたことにより、原酒が不足するようになったからです。

年数表示よりも熟成年数が若いウィスキーを混ぜてはいけません。
12年物ということは使用している原酒はすべて12年以上熟成したものでないといけないということです。
そういった熟成期間の長い原酒が不足したために、熟成期間の短い原酒も使用したNASが増えてきたということです。

別に熟成期間の短い原酒しか使ってない訳ではありませんし、ブレンダーは年数の縛りが無い分、良い原酒を自由に使用できるので、年数表記のあるものと比べて味が劣るなんてことは決してないそうです。

しかし、どうしても年数表記のあるものの方が熟成に時間がかかっていることが明確ですので、良いものであるようなイメージがあるようです。
供給が安定しているために年数表記のものより安価に売ることができることも、イメージを悪くしている原因かもしれません。

とはいえ、熟成期間の長い原酒を作ろうと思ったら、当然ながら熟成期間が必要になります。
だから原酒の量以上に量産することはできません。
そのため、原酒不足の現状ではNASを売る必要があります。

メーカーはボトルやラベルのデザインでその悪いイメージを払拭しているのではないかと考えられます。

  

上の段はジャパニーズウィスキー、下の段はスコッチのNASの例です。
ラベルには当然年数表記はないのですが、ボトルやラベルのデザインは(山崎はそうでもありませんが)そんな安さは感じないと思います。
竹鶴は定価が3,000円(700mL)ですが、他のものは4,000円を超えていますので、特別安いという訳ではありません。

それに加えて国際的コンペティションへの出展や、それらに受賞したことも訴求することでブランディングしているのではないかと考えられます。
実際に、山崎や響がNASだと言っても、年数表記のある他の銘柄と比較してイメージが悪いなんてことはないと思います。

どのような商品・サービスも、とは言えないかもしれませんが、デザインの活用次第でイメージアップ(ダウン)が可能ではないかと思われますが、いかがでしょうか?
そういった施策を取れる余地はありませんか?

行動が現状維持では現状維持できない

行動が現状維持では現状維持できない

前回の記事の続きのような内容になります。

未だ出会っていないチャンス(お客様)と出会うためには、ルートが一つより複数あった方が確率が高まります。
そのルートも細いよりも、太い方が確率が高まります。

つまり、今まで行ったことのない新しい場所へどんどん出ていくことで多くの人と出会い、付き合う相手を変える、あるいは増やす。
それによって、ルートの拡大とルートを太くするということが果たされると思うのですが、頭では分かっていてもなかなか行動に移せない方もいらっしゃると思います。

一言で言うと現状維持バイアスということになるのでしょうか。
未知や未体験の場所に踏み込まずに慣性のまま現状維持しようとする心理は、行動が現状のままであれば結果も現状維持できると思っているからではないでしょうか。
自分以外の環境が変わらないならそういう結果になるかもしれませんが、外部の環境は常に変わってきています。
そして、それに適応する人もどんどん現れますので、その結果、絶対的にも相対的にも他社より遅れを取ることになります。

心理学も行動経済学も知識のない素人ですので現状維持バイアスを打破する方法は存じ上げませんが、自発的に変えよう、変わろうと思わない限り、変わらないのは間違いないと思います。
変える、変わることで得られるものの価値と得られる確率を掛けた期待値、変えない、変わらないことで失うものの価値と失う確立を客観的に冷静に比較することができれば、自発的に変わろうと思えるモチベーションになるかもしれません。

ですが、実際はコスト(特に金銭的なことよりも労力)にフォーカスが当たってしまい、どうしても得るものではなく失うものが目につくために、現状維持を選択しがちになってしまうのではないでしょうか。

ですから、変わるべきか否かの判断時には得るものと失うものの価値の差だけを考え、変わろう、変えようという動機づけを行います。
然る後の行動計画時になってから、初めてコストのことを考慮する必要があると思うのですが、いかがでしょうか。

ルートを広げる

ルートを広げる

最近絶賛入信キャンペーン中なのか、なかもず駅前や新金岡駅前でエホバの証人を見かけます。
私個人はエホバの証人についての知識もありませんし、実はさっき家に来たのですが、読まれもしない冊子を配ってる得体の知れない人たちという認識以上のものを持っていません。
聞くところによると、エホバの証人はキリスト教の中でも異端扱いで、エホバの証人の子供は他(エホバの証人以外)の子供と遊んではいけないとか、ヨーロッパではセクト(反社会的な閉鎖的団体)扱いされているとか。

さて、同じメンバーだけの交友というのは、結局それが楽だからだと思います。
同質性がある程度担保されているので、違う属性を持った新たな人がと交わることによって起こり得る摩擦を感じずに済む…要するに馬が合わないということも少ないということでしょう。
要するに排他することで、(良いことも悪いことも含めて)新たな刺激を受けないようにしているということでしょう。

同じレベルで語るのは妥当ではないかもしれませんが、経営者様も同業者以外の交友を図るのが嫌い、あるいは苦手な方っていらっしゃいませんか?
あくまでも個人的な感覚でしかないのですが、商工会議所や中小企業家同友会などに入って積極的に他の経営者様と交友を図るタイプの経営者様の会社は、そうでない経営者様の経営する会社と比較して業績が良いように思います。

多くの色々な属性の方と交友を図ることで、入ってくる情報の量や種類も増えますし、逆に自分が発信した情報の伝達の範囲も広がります。
まだ出会っていないお客様と出会うためには、そのお客様と繋がるためのルートが必要で、そのルートは多ければ多いほど繋がる確率も高まります。

結果を変えるためにはプロセスを変える必要があります。
つまり、停滞している状況を打破するためには、自らの動きを変えることが必要です。

今まで行ったことのないところに行って、違う属性の方との繋がりを作るというのは、さほどリソースを必要としませんし、比較的簡単にできるプロセスの変更だと思うのですがいかがでしょうか。

古典に学ぶ(易経)

古典に学ぶ(易経)

易経と聞くと易者さんが筮竹を使ってムニャムニャ…という占いをイメージされる方も多いでしょうか。
実際は儒学で尊重する五つの書物である五経(易経・詩経・書経・春秋・礼記)の内の一つで、占いだけでなく知恵、哲学、倫理も説いています。
そんな易経から、いくつかビジネスにも役立ちそうな言葉をピックアップしてみました。

険を見て能く止まるは知なるかな

危険を察知したら、踏みとどまることができるのが知者である、といった意味です。
外部環境が自身にとって逆風であれば無理に進まずに耐え凌ぎ、常に変化する情勢の中で無理をせず次の機会を待つ。
言葉にしてしまうと当たり前のことなのですが、外部環境が順風なのか逆風なのか、外部環境を自身に都合よく解釈していないか、もしくは外部環境に対応できる内部環境なのか、目の前の仕事以外に気を配っていないと、そういった当たり前のことも察知するのが難しくなりかねないのではないでしょうか。

窮ずれば即ち変じ、変ずれば即ち通じ、通ずれば即ち久し

困窮すると現状を打破できるように変化をし、変化することができれば新たな道が開け、またそれらが繰り返されるというニュアンスでしょうか。
外部環境は自分にとって都合が良いように変わるとは限りませんので、外部環境の変化に適応できるように自分が変わっていく必要があります。
「自分が変わる」と言葉で書けば簡単ですが、実際は今までの慣れたやり方などを放棄して自分なりのプロセスを再構築するという大変な作業です。
そして、変わったことで現状を打破したら、変わったことによる新しい壁に突き当たることになるわけです。
だから、常に変わり続けないといけないということです。

前言往行を識して以ってその徳を蓄う

前言往行とは過去の人の言行のことであり、それらを身につけることが人徳を身につける方法だということです。
鉄血宰相のあだ名で有名なオットー・フォン・ビスマルクも「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ。」と言っていたように自分の経験していない過去の歴史から学ぶ重要性を説いています。
アンテナを立てて、常に新しい情報に触れることは大事です。
しかし、何百年も残っている言葉、何百年も語り継がれていることからは、そこからしか得られない大きなものがあるということでしょう。

上位から下位へ

上位から下位へ

昨日は平成27年度中小企業診断士2次試験の筆記試験の合格発表でした。
努力が実られた方、おめでとうございます。

2次試験に初めて望まれた方は、海のものとも山のものとも分からないまま試験を受けることになったかもしれません。
10カ月強の期間がありますので、しっかりと準備をして来年の再チャレンジしてください。

複数回の挑戦で、今年も合格されなかった方のために少し厳しめのことを書こうと思います。

受験のプロと言えるようなベテラン受験生になら相当数の事例を解いているはずです。
事例を解く際に「この問題の答えは何か?」を考える訳ですが、その前段階のどうしたら合格できるか、何が求められているか…等を考えていないのではないでしょうか?

「この問題の答えは何か?」は、あくまでも試験会場で実際に試験を解いているときのオペレーションレベルの話であって、そこに行くまでに合格できる実力を身につけていなければ、合格の解答は書けません。
「この問題」に答えられるから合格できるのではなく、合格できる実力(見方、考え方、書き方)があるから「この問題」に答えられる訳です。

100m走とフルマラソンではスタートからゴールまでの距離が違うため、走るペースが異なります。
100mのペースでフルマラソンを走ることはできませんし、フルマラソンのペースで100mを走ると余裕を残して最下位でゴールすることになるかもしれません。

まず走る距離があって、目標タイムを設定します。
そうするとスタートからゴールまでのペースが設定できますので、それを達成できるようにするには…という、まずあるべき姿があって、実際に走ってみた状態との差を見つつ修正する。
つまり、ゴールを設定して、そのゴールを達成するために各オペレーションをどのようにするかという風になるはずです。

ですから中小企業診断士2次試験も、「どうやったら合格できるか」等の上位のレイヤーから、「こういう時はこう答えよう」みたいなオペレーションレベルに向かってブレイクダウンしていく必要があると思うのですが、いかがでしょうか。

ランチョンテクニック

ランチョンテクニック

食欲は性欲、睡眠欲と並び、人間の持つ三大欲求の内の一つであり、「三度の飯より○○が好き」という言い方をするように、食事そのものを人間は楽しむ習性があるのではないかと思います。

食欲を満たすことそのものやおいしい食べ物を食べることで満足感や快楽が得られます。
それを特定の相手と共有することで、食事中に行われた会話が満足感や快楽と結びつき、相手との交渉事がうまくいきやすくなるんだとか。
それをランチョンテクニックというそうです。

昨今否定的な意見もありますが、飲みニケーションも同じようなものでしょう。
楽しい時間を共有することが相手との距離を近づける一助になり得るということだと理解して良いでしょう。

ランチョンテクニックを有効に活用すれば、社外の方と、あるいは経営者様と従業員の方と、また従業員同士のコミュニケーションが図られ、業務もスムーズになるかもしれません。

社外の相手と話をする場合、食事をしながら商談ができれば理想ですが、それが無理なら手軽につまんで食べられるものを手土産を持って行って、それを食べながら商談するなどすれば、同様の効果が得られるのではないでしょうか。

古典に学ぶ(菜根譚)

古典に学ぶ(漢書)

菜根譚は中国明代の洪自誠という人によって書かれた書物で、中国よりもむしろ日本で読まれているとのことです。
いくつかビジネスにも役立ちそうな言葉をピックアップしてみました。

変に処しては、まさに百忍を堅くして以って成るを図るべし

変とは難関という意味で、そういった場面では耐え忍び初志を貫徹しろという意味になります。
確かに中国人より日本人が好みそうですが、耐え忍ぶというのはじっとして何もしないのではなくて、難関の打開策を考え続ける必要はあるのでしょう。
ですから、苦境の際に従業員の方に対してただ我慢を強いるのではなく、外部環境は変えられないのだから、それに対応するような指示や耐えた後のビジョンの提示と励まし等は必要だと考えられます。

徳は事業の基なり

マイケル・ポーターの提唱しているCSV経営は、社会的課題を解決しながら利益を上げましょうというものですが、日本では江戸時代から近江商人の三方よしという概念がありました(三方よしという言葉そのものは戦後に研究者がつけたもの)。
社会的に意義のない事業よりも、意義のあるものの方が市場のニーズがあるのは言うまでもないでしょう。
さらに社会的に意義のない事業よりも意義のある事業の方が上記のように難関に耐え忍ぶことになっても、耐え忍ぶモチベーションは湧くのではないでしょうか。

小恵を私して大体を傷るなかれ

私利を優先して全体の利益のことを忘れてはならないということです。
経営に置き換えると、管理職が個人の利益を優先して、あるいは社内に派閥を作って自派閥の利益ばかりを考えて、企業全体の利益を損ねることがないようにというニュアンスでしょうか。

  

古典に学ぶ(漢書)

古典に学ぶ(漢書)

後漢時代に西域で活躍をした班超という人がいました。
詳細は割愛しますが、西域の鄯善国において班超がピンチに陥ったものの、見事そのピンチを逃れる出来事がありました。
それが虎穴に入らずんば虎子を得ず(不入虎穴焉得虎子)のことわざになりました。

その班一家は歴史家一家で、班超の兄の班固と妹の班昭兄妹が中国の王朝の正史である二十四史の一つ「漢書」を著しました。
さてこの漢書においてもビジネスにも役立ちそうな言葉がいくつかあったので、ピックアップしてみました。

綸言汗の如し

綸言とは君主が臣下に対して言う言葉のことです。
中国では皇帝の発言には無謬性があり、臣下が疑念や異議を差し挟むことは不敬とされたため、間違っていたとしてもおいそれと諫めることができません。
また、皇帝が一度発した言葉は無謬性をもつので、本人にも取り消すことができません。
それを流れてしまった汗が体に戻らないことに例えて、皇帝は軽率な発言や発言の訂正を戒めた言葉です。

企業においては発言を取り消すことが可か不可かはともかくとして、パワハラ・セクハラになるような発言は言うに及ばず、言葉一つで部下のやる気を削ぐこともありますし、会社に見切りを付けられる可能性だってありますので、その発言には慎重を期する必要があることは間違いないでしょう。

前車の覆るは後車の戒め

前を行く車がひっくり返ったら、後ろを行く車は同じ轍をの跡を行かないようにしろということわざから、先人の失敗を教訓にしろという意味になります。

他社に起こったトラブルは、自社にも起こり得ます。
ましてやビジネスモデルが似ていて、規模も近い同業者に起こったことならなおさらです。

マイナス面にスポットを当てて、それを回避するというのは面白くないことかもしれませんが、トラブルに見舞われるとさらにリソースを割くことになったり損害を受けかねません。
ですから、他社の失敗やトラブルは自社への警告ぐらいのつもりで、先手を打って対策を取るべきではないでしょうか。

宰相は細事に親しまず

宰相とは中国で皇帝を補佐する最高位の官職のことです。
そこまで偉い人は、こまごましたことは全て部下に任せろと言うことです。

小さな企業だと、どうしても社長が些末な業務を行う必要も出てくるでしょう。
しかし、社長、部長、課長…等々、それぞれの役職に見合った責任と業務があるはずです。
特に管理職が育たないとお悩みの企業は部下への権限の譲渡、本来の業務に集中できるような環境づくりを行えているでしょうか?
振り返ってみてはいかがでしょうか。

古典に学ぶ(孫子)

古典に学ぶ(孫子)

春秋時代に孫武によって記された孫子は兵法書として有名なだけではなく、現代においてもビジネス書として多くの方に読まれています。
その孫子からいくつかビジネスにも役立ちそうな言葉をピックアップしてみました。

智者の慮は必ず利害に雑う

簡単に言えば、智者はものごとをメリットとデメリットの両面から考えるということになります。

経営者の現在の判断が、1年後、3年後、5年後の売上に影響を与えます。
メリットだけに目をやって、リスクのことを考えないと、調子に乗った時に思わぬ落とし穴にはまってしまうこともあるかもしれません。
逆にリスクのことばかりを考えて何もしないと、せっかくのチャンスを逃すことにもなりかねません。

神様ではないので未来のことを見通すことはできませんが、正確な判断をするためのバランス感覚が必要なことは間違いないでしょう。。

算多きは勝ち、算少なきは勝たず

成功するには計画や準備をきちんとしなくてはいけないということです。

経営に関して言えば、中期経営計画や事業計画を作成している企業は中小企業では少ないようです。
「がむしゃらに一生懸命頑張ったら、いつの間にかここまで来てました」というのは結果だけ見たら良いのかもしれません。
しかしそれは言葉は悪いですが「適当に歩いていたらたまたま目的地についた」とも言えるのではないでしょうか。

世の経営者様はみな頑張っていらっしゃいますが、どこに向かってどんなペースで、どのような手段で向かうのかという事前の計画があるからこそ、より努力も報われやすくなりますし、再現もしやすくなると考えられます。
経営者様の判断に、企業だけでなく従業員の生活もかかっているわけですから、成功するための計画や準備を念入りに行うべきではないでしょうか。

善く戦う者はこれを勢いに求めて人に責めず

戦上手な指揮官は、全体が勢いに乗ることを重視し、兵士個人の能力に過度に頼ろうとはしないということです。

もちろん、個人個人のスキルアップは重要なことは言うまでもありませんが、組織全体がまとまっていないと個々の力も十分に発揮できないのではないでしょうか。
アリストテレスも「全体とは部分の総和以上のなにかである」と述べていますが、組織全体が活性化し、一つの方向に向かうようにすることで個人の力がより発揮されやすくなり、全体として強くなるのは企業やチームスポーツなどでもイメージが付きやすいと思います。

連絡先が画像

連絡先が画像

さすがにここがそうですとリンクを張る訳にはいきませんが、ネット上には詐欺サイトが存在します。

例えば、有名な通販サイトのオリジナル商品の画像をgoogleの画像検索で検索してみると、まれに他のECサイトが検索結果に表示されることがあります。
そういうのは、中国人が作った金だけ受け取って商品を送らない詐欺目的のECサイトなのですが、中国人が作っているので日本語がおかしかったりします。
よく見たら怪しいと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

日本人が作った詐欺のECサイトも、100%ではないものの見分け方があります。
ECサイトの場合だと「特定商取引法に基づく表記」を法律で義務づけられていますが、その特定商取引の基づく表記ページをご覧いただくと以下のことが書かれています。

  • 事業者名(個人事業主の場合は氏名)
  • 事業者の住所(個人事業主の場合は事業所の所在地)
  • 電話番号

これらは必ず掲載しないといけない情報の一部なのですが、これらで検索してみて、企業の情報が出てくるでしょうか?
登記して日が浅い企業ならいざしらず、今日日Webサイトが無い企業であっても、ネットに一切の情報がない企業は珍しいです。

余談ですが、義務違反者には業務停止命令などの行政処分があります。
詳細は消費者庁のサイトをご覧ください。

ECサイトの他には、個人情報取得のために懸賞サイト(もちろん何も当たりません)を運営するケースもあります。
また、メールマガジンやポータルサイトを運営していて、広告を出稿してもらうためにユーザー数や広告へのクリック率が実際よりも多いように宣伝したりするケースもあります。
そこでも運営企業の情報で検索してみてください。
そもそも、どこが運営しているのか運営企業の情報が一切ないなんて雑なケースもあります。
その癖に一丁前にコピーライト表記があったりしますが、その表記の名前で検索してみてください。

さて、こういったことがあるので注意しましょうねという訳ではありません。

上記したような詐欺やスパム請負などをやっているWeb制作会社も少なからず存在します。
詐欺しかやってない企業もありますが、まっとうな仕事と詐欺と両方やっている企業もあります。
何にせよ、そのような企業に制作依頼をする、あるいは弁護士や税理士の先生が顧問契約するのはモラルとしてどうしたものかと思う部分があります。
どんな企業だろうが顧客だと考える方もおられるかもしれませんが、個人的には遠慮させていただきたいです。

では、そういった詐欺をおこなうWeb制作会社の見分け方をご紹介したいと思います。
もちろん、事業内容に「詐欺」「スパム請負」などと書いている訳ではありません。

会社概要のページに企業の情報が表になって掲載されていると思いますが、これらの情報をコピー&ペーストするためにドラッグできますか?
ひょっとして画像になっていませんか?文字の上で右クリックすると「名前を付けて画像を保存(V)」なんて表示されると、テキストではなくテキストに見せかけた画像です。

なぜ、画像にしているかというと、検索エンジンに掲載されないようにするためです(そうでないケースもあるかもしれませんので、絶対にそうだとは言い切れませんが)。
テキストだと検索エンジンに掲載される可能性がありますが、現在の技術では画像に書かれたテキストを検索エンジンが正確に判断して検索結果に反映するのは難しいです。
詐欺、詐欺まがいをやっている企業は事業に応じていくつも名前を使い分けているケースがあるのですが、そのような企業は、企業の情報がネット上に記録されると新たな事業(詐欺)をするときに影響が出かねません。
まっとうな事業への影響がないように、詐欺サイトを運用している企業とは別企業だと装う訳です。
そのため、所在地や連絡先などの情報が検索エンジンに記録されないように画像にしている訳です(まっとうな企業でも、スパム防止のためにメールアドレスのみ画像にしているケースもあります)。

普通に考えたら、Webサイトを制作しているということは不特定多数の方に自社の情報を知ってほしいということです。
であるにも関わらず、掲載されない、記録されないようにしている訳です。
やましいことがなければ、ネット上に自社の情報が記録されるのを嫌がるなんてことがあるでしょうか?

繰り返しますが、そのような企業は遠慮なく潰れていただいて構わないと思っているので、ちゃんとした事業で頑張っている企業様を応援したいです。

ご依頼やご相談、お問い合わせなどはこちらより受け付けております。
初回のご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください