Grit

Grit

聞いた話ですので、どこまで本当なのか分かりませんが、簿記(おそらく3級や2級レベルの話でしょう)の合格率が最も低いのは大学生で、逆に一番高いのは少年院に入っている連中だそうです。
理由は、パッと見て別に難しいことではないので、大学生はできると思って(勘違いして?)勉強しないからとのこと。
少年院では無理やり簿記を毎日やらせているので、スキルがちゃんと身につくとのことです。

さて、アメリカの心理学者アンジェラ・リー・ダックワースが提唱した説で以下のようなものがあります。
成功の要員として、知能や生まれ持った才能は関係なく、目的達成のために長期間集中して継続的に努力しつづける力(Grit)が必要だということです。
【参考】TED アンジェラ・リー・ダックワース 「成功のカギは、やり抜く力」

Gritというのは1週間、1ヶ月間というような短期間の話ではなく、数年単位の継続した努力ということです。
上記の例がGritに該当するとしたら(大学生が少年院に入っている連中よりも能力が高いということが、バイアスではなく事実であるということが前提になりますが)、継続が結果に結びついている例だと言えるのではないでしょうか。

では、努力し続けるためには何が必要なのでしょうか。
その一つに努力をすれば成果を得られると思えるかどうかが挙げられると考えています。

しかし、自分には無理だとブレーキをかけてしまうこともよくあることでしょうし、それが努力の継続を妨げることになると考えられます。
ブレーキの要因は外部的あるいは内部的両方が考えられますが、アメリカの心理学者ホーナーなどが提唱しているように、大なり小なり誰もが自分にブレーキをかけるということは起こり得るものなんでしょう。

それを今まで意識されてなかった方は、そのブレーキを意識して緩められるなら、緩める。
ブレーキをかける基準を意識して上げるなどしつつ、継続的な努力を続けることが(何をもって成功とするかは人によって異なるでしょうが)成功の方法の一つではないでしょうか。

ご依頼やご相談、お問い合わせなどはこちらより受け付けております。
初回のご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください