労働安全衛生法では、企業や個人事業主は従業員が1人でもいる場合は、1年以内ごとに健康診断を受診させる義務があります。
それにより、安全や健康に配慮した適正配置、従業員の病気などの早期発見、職場の労働衛生問題の発見が可能になります。

労働安全衛生法では、企業や個人事業主は従業員が1人でもいる場合は、1年以内ごとに健康診断を受診させる義務があります。

では企業そのものの健康状態はいかがですか?きちんと把握できていますか?
例えば財務面から企業の状態を見る物として損益計算書や貸借対照表などの決算書がありますが、それらを経営のための現状把握に活用できていますか?
その他に経営状態を図る基準をお持ちですか?

何の問題点や課題点のない企業は存在しないでしょう。何らかの問題点や課題点が複数存在するのが普通です。
問題点を解決した状態、または課題点を達成した状態をあるべき姿とすると、問題点の解決や課題点の達成とは、言い換えると現状とあるべき姿のギャップを埋める行為ということになります。

現状をきちんと認識できていなければ、ギャップを正確に把握することができません。

しかし、現状をきちんと認識できていなければ、当然ながらあるべき姿を正確にイメージすることができません。そのためギャップを正確に把握することができません。
そのギャップをきちんと把握した状態でないと等を得た施策の立案ができません。
つまり、正確な現状認識に基づかない行動は、場当たり的なものであり、効果が期待できないということになります。

企業の健康状態を把握することで、何ができて、何ができないのか。今後どういう方向に進むべきなのか。外部環境の変化に対してどのような対策を講じるべきなのか。そういった判断ができるようになります。
それにより、成長につなげたり、外部からの悪い影響を抑えて、環境の変化を乗り切ることが可能になります。
逆に言えば企業の状態を把握できなければ、当を得た経営判断ができないということです。

問題の解決や課題の達成など、今後の成長のために企業も定期的な健康診断をお勧めいたします。

まずは、当サイトのコンテンツである簡易経営診断で診断してみてはいかがでしょうか。
貸借対照表(B/S)のみを使用した経営の安全性が簡単に分かるようになっています。
その上で、詳細なことをお知りになりたい場合はお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

ご依頼やご相談、お問い合わせなどはこちらより受け付けております。
初回のご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください