ブログBlog

やり方を見直す

学校で何年も勉強しているのに、日本人は英語が話せない、これはどなたも納得感があるのではないでしょうか。
赤ん坊が言葉を覚えるプロセスは、耳から言葉を覚えて、話せるようになって、読めるようになって、最後に書けるようになります。
それに対して、聞く勉強、話す勉強をろくにしないで読み書きばかりを中心に勉強する訳ですから、その結果、英語を話せないのは当然ですね。

では、話せるようになるにはどうしたら良いかというと、当然ながら話せるようになるための勉強をするということになります。
日本人が英語を話せない理由として、色々な方がそれぞれ理由をおっしゃっていますが、要するにやり方そのものを大きく見直す必要があるということです。

日本の学校での英語教育といえば、英語を日本語に翻訳するというのを当たり前に行います。
しかし、耳から聞こえてくる英語を日本語に翻訳し、日本語で考え、それを英語に直して英語として…とやっていると、会話になりません。
英語を日本語にするスピード、日本語を再度英語にするスピードを速めるにも 限度があるというのは、おそらく反論はなかろうかと思います。

同じように、 生産効率や業務効率の改善を行うにあたって、今よりもっと手を早く動かすというのは解決策として下策といえるでしょう。
目的地まで歩いていくと時間がかかるので、もっと早く到着するためにどうすれば良いですか?という問いに対して、もっと早く歩きます、走ります、といったレベルの回答です。
自分の足を使うという考えそのものを捨てて、車で行くといった別の方法を検討しませんか?

結果が出ていないということに関しては2つの理由があります。
方向性は間違っていないが、量が足りない。
あるいは、方向性が違っているということです。
日本の英語学習は後者なのでしょう。

同じように、業務効率の改善にならない既存の延長策ではなく、やり方そのものを根本的に見直す必要はないでしょうか?