ブログBlog

シフトアップ

車やバイクを運転されない方には分かりづらい話で恐縮ですが、今回はそれらの運転に例えてブログを書きます。

さて、マニュアルの車やバイクであれば、エンジンの回転数に合わせてシフトアップをします。
低いギアでアクセルを踏み続けても、回転数が上がるばかりで、ギア比の関係によってスピードが上がりにくくなるからです。

経営においても同様です。
フル回転しても売上が上がらない状態になってはいないでしょうか?
いわゆる踊り場に差し掛かってしまったら、車と同様に経営もシフトアップする必要があります。

では、経営のシフトアップとはどういったものでしょうか。
一例ですが、以下のようなことが考えられます。

  • 顧客層を変える
  • 提供する付加価値のグレードを変える
  • 提供する付加価値の種類を変える
  • 付加価値を提供するスキームを変える
  • 付加価値を提供するチャネルを変える
  • 対価の受け取り方を変える
  • 対価の受け取るタイミングを変える
  • パートナーを変える、あるいは新たなパートナーシップを組む

企業によって環境が異なるので、これをすれば万事解決しますという方法はありません。
しかし、生産性の向上や宣伝広告といったオペレーションレベルの改善ではなく、ビジネスモデルや付加価値を作り出すためのあり方といった、根本からの改善が必要になります。

繰り返しになりますが、低いギアでは回転数を上げても、ギア比の効率が悪いためにガソリンを余計に消費するだけでスピードは上がりません。
経営に例えると、頑張っても頑張っても、疲れるだけで売上に繋がらないということです。

走り始めるには低いギアが必要ですが、走り始めるとスピードに合わせた適切なシフトアップをすることが必要になります。
より効率的に売上を上げるために適切にシフトアップしていきましょう。

貴社の状況はいかがでしょうか、頑張ったらまだ売上は上がる余地があるでしょうか?
それとも、シフトアップした方が良いでしょうか、シフトアップが必要でしょうか?