ビジネスプランコンテスト

ビジネスプランコンテスト

ご縁があっていくつかのビジコンの審査などに関わらせて頂いています。
皆さん素晴らしい商品やサービスを開発されていますが、惜しむべくは、その商品・サービスの説明やプレゼンになっているということです。
ビジネスプランコンテストですから、ビジネスプランを説明しなくてはいけません。

  • 市場規模
  • 訴求方法
  • チャネル
  • 価格
  • 提供する価値
  • 競合との比較優位性
  • 優位性が維持できる理由
  • 数年後の目指す姿

要するに、どのように顧客に付加価値を提供し、自社が儲かるのかということ関する説明は必要でしょう。
さらに、可能であれば定量的なエビデンスを添えて説明する必要があります。

また、書類審査の時点では、審査する人が疑問点を感じても質問することができません。
ですから、読んだうえで「なぜ?」「それで?」と感じさせてはいけません。
因果をたどって「なぜ?」「それで?」がないように書けば、ビジネスの中身以外の部分で、評価が下がることは減るのではないでしょうか。

私見ですが、ビジコンはどちらかといえばプロダクトイノベーションよりも、プロセスイノベーションを募っている意味合いが強いようにも思います。
すごい商材でなくても、流通をスムーズにするだけでも新たなビジネスモデルといえます。

金融機関が主催しているもの、公的なもの、民間企業などが主催しているものなど様々ですが、ビジコンは自社の商品・サービスを金融機関やベンチャーキャピタル、他のベンチャーの起業家にアピールするチャンスです。
挑戦されるならば、これらの注意事項を踏まえていただくと結果も変わるはずです。

ご依頼やご相談、お問い合わせなどはこちらより受け付けております。
初回のご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください