プロのコンサルタント

プロのコンサルタント

「プロ」の意味を辞書で調べると以下のようなことが書かれていました。
2番はプロから始まる言葉の略称としての使い方なので、ここでは無視します。

  1. 《「プロフェッショナル」の略》ある物事を職業として行い、それで生計を立てている人。本職。くろうと。「その道のプロ」「プロ顔負けの腕前」「プロゴルファー」⇔アマ。
  2. 「プログラム」「プロダクション」「プロレタリア」「プロパガンダ」などの略。

デジタル大辞泉より引用

さて、コンサルタントを職業として生計を立てているプロのコンサルタントといっても次の2つが考えられます。
一つは自身も独立開業している、いわゆるプロコン。
もう一つはコンサルファームなどに勤めているコンサルタントです。
雇用されているかどうかはプロフェッショナルに該当するか否かの条件には入っておりませんし、後者も間違いなくプロのコンサルタントということになるでしょう。
コンサルタントの価値は提供している付加価値の大きさだと考えているので、これらには優劣はありません。
別にプロコンだからといって勤めているコンサルタントよりも上だということはないはずです。

ただし、勤めているコンサルタントの場合はクライアントである経営者様に寄り添うことはプロコンよりも難しいでしょうし、立場は異なるのでそもそも不可能なのかもしれません。
したがって、クライアントの問題解決、課題達成のためにナレッジやノウハウなどを提供するということが、プロフェッショナルとしての姿勢になるのかもしれません。
事実、そうやってクライアントのお役に立っているコンサルタントもたくさんおられるでしょう。

ではプロコンはどうなのでしょうか。
自分自身も経営者ですから、クライアントである経営者様と立場は同じです。
雇用されているコンサルタントと異なる立場なのに、提供すること、ものは同じで良いのでしょうか?

クライアント企業の立場で言えば、問題解決、課題達成をしたいのなら、それが可能な人材採用という選択肢もあります。
従業員として雇用すると、自社のリソースになりますし、独自の強みにもなりえます。
ただ、適当な人がいない、いても雇えないなど理由はあるでしょうし、そもそも人を雇うほどではないことなのかもしれません。
しかし、外部のコンサルタントに相談する理由はそれだけなのでしょうか?

経営者というのは、最終的な責任とリスクを負わなくてはいけません。
企業経営において問題点がなくなることはない中で、社内に相談する相手もおらず、孤独な存在です。
相談している問題点や課題点を一枚めくると、企業や自分自身の将来に対する不安や、ステークホルダーに対する責任感というプレッシャーがあります。
それらを完全にシェアすることも、肩代わりすることもできませんが、自身も経営者であるプロコンは、単にナレッジやノウハウを提供し、目の前の問題解決や課題達成に対するお手伝いをするだけではなく、不安やプレッシャーに対する理解とフォローも必要なのではないかと思います。

クライアントがそこまでやって欲しいと考えている、無意識では考えている、考えていない、実際はわかりません。
しかし、プロコンに相談する、依頼するということはそういった点への配慮やフォローも必要なのではないか、あくまでも個人的な考えでしかありませんが、いかがでしょうか。

ご依頼やご相談、お問い合わせなどはこちらより受け付けております。
初回のご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください