ブログBlog

リスクへの対策

リスクとは?

リスクとは何でしょうか?
デジタル大辞泉によりますと、以下のようにありました。

1 危険。危険度。また、結果を予測できる度合い。予想通りにいかない可能性。「リスクを伴う」「リスクの大きい事業」「資産を分散投資してリスクの低減を図る」

2 保険で、損害を受ける可能性。

1の方が通常イメージする「リスク」だと考えられます。
結局のところ、予測できるのか、予想通りいかないのかよく分かりませんが、ともかく起こって欲しくないことであることは間違いないようです。

事業をやっていると、必ず大なり小なりのリスクを負います。
不意に起こるもの、予め予想できるもの、色々あろうかと思います。
例えば、台風が来るのは毎年のことなので想定はできるかもしれませんが、列車事故はいつ起こるのかを予想できません。

また、リスクには人災のように発生をコントロールできるものと、天災のように発生をコントロールできないものがあります。
さらに、発生した時のダメージをコントロールできるものとできないものとがあります。
それぞれどのように対策をすれば良いのでしょうか。

リスク対策のマトリックス

まず、発生可能性×発生時のダメージのマトリクスを作成します(下図)。
発生可能性を大小の2段階、ダメージの大きさを大小の2段階という簡易なものから、3段階、5段階と、もっと細かくしても結構です。

次に、それぞれ段階の基準を設定します。
可能性は頻度で、ダメージは経営面におけるインパクトで考えると分かりやすいでしょう。
例えば以下のような感じです。

発生可能性(小)…数年に1度
発生可能性(中)…1年に1度
発生可能性(大)…数か月に1度以上

ダメージ(小)…業務の停止1日未満
ダメージ(中)…業務の停止1日~2日
ダメージ(大)…業務の停止3日以上、あるいは業務続行不可能

リスクと成り得る事象を挙げ、基準と照らし合わせてマトリクスのそれぞれの象限に配置します。

リスク対策の考え方

それぞれ、発生可能性を下げる方法と、発生した際のダメージを下げ、発生可能性…小、発生時のダメージ小に近づく方法を考えます(下図)。

可能性・ダメージ共に小のポジションに移動することが理想ではあるのすが、天災にように発生可能性をコントロールできないものは、保険に入るなど、発生した時のダメージを軽減する手段を考えることになります。

このように予め予想できるリスク対策を検討することで、望まない事象が起きないように、また起きた時のダメージを小さくなるように、ある程度のリスク対策をすることが可能です。
無理のない範囲で、リスク対策を検討されてはいかがでしょうか?