人手不足

人手不足

業種によって違いはあるものの、中小企業人手不足が深刻なのは間違いがないようです。
中小企業庁の中小企業・小規模事業者人手不足対応ガイドラインによると、基本的な考えとして以下の3点が挙げられています。

  1. 人手不足という環境を所与のものとし、企業の変革のための機会と捉え直す。
  2. 女性、ミドル、シニア、外国人等の多様な人材に視野を広げ、人材を確保する(掘り起こし定着)。
  3. IT導入や設備導入、人材育成等により、1人あたりの生産性(労働生産性)を向上する。

さて、採用に当たって、経験者ならともかく、未経験なら若い方が良いというのは分かります。
しかし、日本の人口は逆ピラミッド型になっていて、若い人はだんだんと減っていくので新卒採用の難しさは上昇します。
今までと同じ探し方を続けていたらますます採用は難しくなるのが予想されます。
そんな状況で選り好みをしていたら、いつまで経っても人材採用ができません。

仕事に人を当てはめようとしていて人材不足な訳ですから、この点を変える必要があります。
時短職員や嘱託職員としてシニア層を活用している企業がありますが、企業の変革のための機会ということで、時短や曜日限定の他にも仕事の作業内容を組み替えるなどして女性、ミドル、シニア、外国人などが活躍できるような場を作れないでしょうか?

ご依頼やご相談、お問い合わせなどはこちらより受け付けております。
初回のご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください