報酬に対する不満

報酬に対する不満

従業員の評価をするにあたって、完璧な評価というものは存在しません。
能力や実績、その他どのような評価基準であったとしても、部署ややっている仕事を超えた完全な公平性や透明性の担保はできません。
自分は一生懸命やっているんだから、この評価は不満だという思いを持っている人は少なからずいるでしょう。
特にスキルに自信がある人、与えられた仕事を十分以上にやっている人は給料に対して不満を感じやすいのではないでしょうか。

仕事にはそれぞれ値打ちがあります。
時給換算で1,000円以下の仕事もあれば、10,000円以上の仕事もあります。
ここで自分は一生懸命やっているんだから…という話に戻ります。
私のいたITの業界は薄利な事業でしたので、給料に対して不満を持っていた人の割合が高かったのではないかと思います。

例えば、システムインテグレーターに依頼する顧客は、コスト削減や生産効率向上などの目的をもってシステム開発を依頼する訳です。
言われたものを作るだけではなくて、実際にコストを削減できている、あるいは生産効率を向上させることができないから、作業の工数を換算しただけの料金になっています。
Web制作会社に依頼する顧客は、売上を上げたいからWebサイトの制作を依頼する訳です。
顧客の気に入る形のものを作るのではなくて、問い合わせや来店誘致に繋がるようなWebサイトが作れないから、作業の工数を換算しただけの料金になっています。

さて、利益が薄い事業というのは、付加価値を生めていないということです。
一生懸命やっていても、付加価値を生んでいないということになります。
当然ながら、それが給料に反映されているということです。

ですが、従業員にはそんなことは分かりません。
自分はスキルがある、与えられた仕事はきっちりとこなしている、自分は一生懸命やっているのに…が、どの程度の付加価値なのか従業員は分からないということです。

現状の評価に不満があるのなら、現状の仕事を続けていても評価は変わらない訳です。
そこで、新たな付加価値を生むような新規事業の提案や、業務改善案などを提案…なんてことは、大抵の人はやりません。
通るかどうかはさておいて、中小企業は大企業と比較して、経営者や上長などに意見を言いやすい環境であるにも関わらず、そういった発想にならないのが普通なんでしょう。

だとしたら、給料に対する不満はいつまでたってもなくなりません。
給料の面での不満を少しでもなくしたいのであれば、どうやったら評価が上がるのかをちゃんと設定して、それを従業員に伝えるのが経営者の仕事ではないかと思われますが、いかがでしょうか。

ご依頼やご相談、お問い合わせなどはこちらより受け付けております。
初回のご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください