ブログBlog

客数と客単価の限界

一般に売上は「客数×客単価」で表されます。
客数が増えても売上が上がりますし、客単価が上がっても売上が上がります。
客数と客単価の両方が上がるとより売上が上がります。

理想を言えば客数と客単価の両方が上がることですが、企業の置かれた状況やリソースによって、客数と客単価のいずれかに限界が発生することがあります。

例えば、飲食店であれば、忙しい時間帯の顧客をさらに増やすのは、空いている座席、オーダーや顧客への対応を考えるとすぐに限界に達するでしょう。
顧客を増やしたいのであれば、顧客の少ない時間帯の方が良さそうです。

逆に、客単価を上げるのであれば、顧客の少ない時間帯よりも顧客の多い時間帯の方が効果は高まります。

ただし、客単価を上げるためには、より高い付加価値を提供する必要がありますし、顧客がより高い付加価値に対して対価を払う層であることが条件になります。
顧客が現在以上の対価を払いたくない場合、あるいは競合との関係があって価格を上げられないというのであれば、客単価の限界と言えるでしょう。
そういった場合は、単価を上げると一気に顧客が離れる可能性もあります。
どうしても客単価を上げるのであれば、事業ドメインを変えることを検討する必要があるでしょう。

受注してモノを制作(製作)する企業、例えば加工業やシステムインテグレーター、デザイン会社の場合は、すでにフル稼働していて、客数(案件)を増やすことができないといった企業も多いのではないでしょうか。
つまり、ヒューマンリソース、時間的なリソースの限界であるため、客数を増やすことができない状態です。
そうなると、売上を上げるためには客単価を上げるしかありません。

売上を上げるためにシフトアップしてステージを変えなくてはいけない可能性を考えてください。
客数の限界を迎えたのであれば、繰り返しになりますが、売上を上げるために事業ドメインを変えることを検討する必要があるでしょう。