普段からのつきあい

一人で事業をやっていくことはできません。
従業員を雇用しないとしても、顧客や仕入先など多くの人と関わることになります。
一度顧客になってもらったとしても、永遠に顧客でいてくれるかどうかわからないし、いつも同額の注文をしてくれるかということも分かりません。
そのため、程度の差はあれども常に顧客開拓をし続ける必要があります。

未来の顧客とつながるためにはそこへ至るルートが必要です。
ルートはとどのつまり人脈、人とのつながりです。
その人脈から直接仕事を受注したり、紹介をしてもらうこともあり得ます。
人脈は多い方が良いし、繋がりが細いよりも太い方が受注の確率も高まります。
人脈は事業を行う中で増やしていき、付き合う中でつながりを太くしていく必要があります。

さて、起業したばかり、あるいはこれから起業しようという場合は、自身が元々持っている人脈というものが一つのとっかかりになります。
しかし、知り合いではあっても普段からあまり付き合いがなければ、自分が起業したから(するから)顧客を紹介してくれと言われても、その人とのつながりが細ければ顧客を紹介してくれる訳がありません。
つまり、普段からのつきあいが重要ということが言えます。
これは、ザイアンスの法則について書いた通りです。

仕事を受注しないことには売り上げが上がりません。
起業の準備も色々ありますが、積極的に人と関わるというのも重要な準備ではないかと思いますが、いかがでしょうか。

ご依頼やご相談、お問い合わせなどはこちらより受け付けております。
初回のご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください