普段からのつきあい2

普段からのつきあい2

以前、起業するに当たっては現在の人脈が大事だと書きました。
現在の人脈というのは普段からの人付き合いの結果ですが、普段の人付き合いについて書いてみたいと思います。

さて、現在の自身の評価は今までの行動(何をして、何をしない)と言動(何を言って、何を言わない)の結果です。
人から評価をされるような行動や言動をしていたら周囲から評価されているし、評価をされる行動や言動をしていないのであれば周囲から評価をされていないのは当然です。

そもそも評価をされるためには評価対象から知られていないといけません、当然ですよね。
仕事の受注に繋げるためには、評価対象から評価されていなければいけないのは前述したとおりです。
しかし、競合がいる場合はその競合との比較になります。
競合がたくさんいる場合は、評価者のリストの何番目に自分(自社)が載っているかということになります。

「待ってるだけで仕事が来るわけがない」と言われたら誰だって首肯するでしょう。
ですが、受注ができるだけの評価を得るために何をやっていますか?

実績があれば、それをアピールすることもできます。
起業家の場合は実績がない、あるいは公に見せることができる実績がないことも考えられます。
そういった場合は、普段からの行動によって得ている「この人なら信頼できそう」という評価が大事になってくる訳です。

例えばプロコンとして独立したい中小企業診断士がいるとします(士業の方なら「中小企業診断士」というところをご自身の資格に読み替えていただいても同じです)。
今までは企業に勤めていたので協会に入るメリットも感じなかったし、他の診断士との交流も特にしなかったけど、独立することにしたので顔と名前を売るために協会に入って名刺を配って回っている。
この時点では、仕事が欲しいから近づいてきたってだけの人ですので、評価はされていない訳です。
普段から積極的に協会の活動などに参加していて、もっと評価されている人が他にいる訳ですから、何かあったらそちらに話が行くことになります。

起業直後は当然ながら仕事は少ないので、自分が勤めていた企業を顧客にしてのスタートもありえます。
そのためには、(発注してもらえるような仕事があったうえで)勤めていた企業の方から評価されていなければいけません。
仕事を得るために評価されようという、下心からの行動が良いのかどうかは判断しかねますが、何もしないよりは良いかと思います。
起業の準備も色々ありますが、人から評価につながるような積極的な行動も重要な準備ではないかと思いますが、いかがでしょうか。

ご依頼やご相談、お問い合わせなどはこちらより受け付けております。
初回のご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください