未来の顧客と繋がる

未来の顧客と繋がる

どのような事業にも言えることですが、知人が顧客になってくれる、あるいは知人が顧客を紹介してくれる、それだけで未来永劫やっていけるなんてことはありません。

未来の顧客は未だ出会っていない方ばかりです。
その方々と繋がるには自ら動いて、未来の顧客に繋がる(目に見えない)ルートを繋ぎ、繋いだルートを太くしなければいけません。

異業種交流会に行ったらこういう人はいませんか?
隅っこの方で一人で立っていて、自分から誰にも声を書けない人。
同様に、2人組で来て、他の人とはコミュニケーションを取らず、2人でずっと喋っているだけの人たち。
仮に自分からコミュニティに入っていったり、どんどん声をかけるのが苦手だとしても、事業をやっていくにはそうも言ってられません。

最終的には自分が認めてもらわないと仕事の話にはならないでしょうが、そもそも人と繋がらなくてはその可能性はありません。
自分の周囲にいる人間の中に入っていけない、認められない人が、見ず知らずの人と料金・報酬を払ってもらう関係を結ぶことができますか?
決まった人間としか付き合えない、付き合いたくないというのは個人の考えとしては問題ありませんが、起業希望者でそういう考えなら、起業は止めておいた方が…と思います。

業種業態問わず、人のご縁は大事です。
そもそも顧客のほとんどは知らない人でしょう。
事業とは、知らない人とのご縁を紡ぎ続けるという側面もあるのではないかと思われますが、いかがでしょうか。

ご依頼やご相談、お問い合わせなどはこちらより受け付けております。
初回のご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください