ブログBlog

私が経営コンサルタントになった理由

Webデザイナーから経営コンサルタントになったと言うと、大抵珍しがられます。
そういった方は少ないのかもしれませんが、私の中では明確な理由があります。
今までも特に人に言うこともなかったので、今回はなぜ私がデザイナーから経営コンサルタントになったかの理由について綴りたいと思います。

理由① 部分最適では意味がないと思ったから

クライアントは売上を上げたいと思い、その手段の一つとしてWebサイトを活用しようと考えています。
しかし、Webサイトだけの部分最適をしたところで意味がありません。

企業としての戦略があり、それに基づいた商品・サービスの企画、営業、調達、そしてWebサイトという風に全体最適ができないと、企業の業績は変わりにくいと思ったことが理由の一つです。

理由② 日本の企業がデザインを活用できていないと思ったから

デザインと聞くと商品の見た目を良くするもの、本質とは関係ないものという誤解があると感じています。
デザイナー側も経営やマーケティングの知識に疎いため、クライアントの経営戦略やブランドイメージを踏まえたデザインの提案がどこまでできるのかという点も疑問でした。

せめて企業とデザイナーの間に立つことができれば、企業が有効にデザインを活用できるお手伝いができるのではないかと思ったことが2つ目の理由です。

なお、企業のデザイン活用に関しては本記事では割愛します。
詳しくは以下の記事をご覧ください。
経営におけるデザイン活用①
経営におけるデザイン活用②
経営におけるデザイン活用③

理由③ 下請け中小企業をサポートしたいと思ったから

自分自身がWeb制作会社という広告代理店の下請けの中小企業に勤めていました。
担当者の気に入る形を作ることがメインで、クライアント企業にとってあまり意味のない制作を毎日やっており、クライアントや元請けの広告代理店に振り回される日々でした。

毎日の努力や苦労がなかなか報われず、大変な思いをしている下請け中小企業を経営戦略面からお手伝いしたいと思ったのが3つ目の理由です。

デザイナーでは難しかった

上記した3つの理由を達成するためには、一制作会社の一デザイナーでは難しいと思い、経営コンサルタントになろうと考えました。
中小企業診断士の存在は知っていたので、勉強のつもりで中小企業診断士の資格を取り、今に至ります。

簡単ではありますが、以上が私が経営コンサルタントになった理由です。