融資はちゃんとした金融機関で

融資はちゃんとした金融機関で

消費者金融、いわゆるサラ金で事業資金を調達する方がたまにいらっしゃいます。
結論から言うととんでもない話です。

ネットで「事業資金 消費者金融」と検索したら、サラ金のビジネスローンで事業資金を調達するのを勧めるような記事がバンバンヒットします。
銀行よりも借りやすいという理由で勧めているようですが、日本政策金融公庫のような公的金融機関も銀行や信用金庫のような一般の金融機関も、安易にサラ金から事業資金を借りるような事業者に対しては融資をしたくありません。
ですから、事業資金のためにサラ金から借金すると、以後金融機関からのチェックが厳しくなって、融資がされなくなる可能性があります。

金融機関というのは事業者に融資して、その利息が儲けになります。
ですから、融資してもちゃんと利息をつけて返してもらえるのかをチェックします。
金融機関の審査眼も100%ではありませんが、サラ金のビジネスローンが金融機関より借りやすいのは、チェックが甘いからです。
つまり、金融機関では認められないような事業計画という訳で、そもそもその時点で商売としての成功率も低いということになります。

特に起業時は実績がありませんから、どうやって事業資金を貯めてきたかという点と事業計画が判断材料になります。
ちゃんとした事業計画を立てることができない時点で、事業主としても、事業そのものの見込みも薄いといえます。

事業計画の作り方が分からないから銀行ではなくてサラ金で借りる…ではなく、事業計画の作り方が分からないから商工会議所のような公的機関に相談しようというのが正しい姿です。

ネットのサラ金のビジネスローンを勧めるような記事を真に受ける時点で事業者として見込みがないと言われればそれまでですが、そういった記事が目に余るぐらい多いと感じたので書いてみました。
融資を受けたいならちゃんとした事業計画を作ってちゃんとした金融機関で借りてください。

ご依頼やご相談、お問い合わせなどはこちらより受け付けております。
初回のご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください