イノベーションについて思うこと

イノベーションは必要か?

言葉だけが独り歩きしていて、「なんかすごい!」「イノベーションできたら儲かる!」みたいな感じで使われているのを散見して、思ったことをいくつか書きます。

論点1

この記事を書いているのは2015年、平成27年です。
時代区分で言えば現代になる訳ですが、古代(古代の定義も色々あるのでそこには触れません)に分類される時代の人が「俺たちは古代人だぜ」とは思っていなかったでしょうし、中世(中世の定義も人によって異なるのでそこには触れません)に分類される時代の人も当時は現代に生きていた訳です。
今から数百年後には、現代も現代以外の時代区分をされているでしょう。

さて、イノベーションを起こすという言い方に非常に違和感を感じています。
なぜなら、イノベーションというものは結果から見ての評価だと思っているからです。

新しい商品・サービスをリリースして、それが受け入れられた。
そうなって、後々にイノベーションだったという評価をされるものだと思います。
例に挙げた、現代も時代が進めば何かしらの名前が付けられるのと同じです。

論点2

イノベーションを起こすという表現にも、後からの評価であるという視点以外の違和感を感じます。

プロダクトイノベーション・プロセスイノベーション両方に言えることですが、イノベーションを起こさなければ利益が出ない訳ではないし、起こせば必ず利益が出る訳ではありません。
新しい切り口を打ち出さないと利益が出ないのか?新機軸を打ち出したら必ず利益が出るのか?と言い換えてみたら分かると思います。

「イノベーティブでもなんでもないものの利益が出る商品」と「イノベーティブだが売れない商品」であれば、前者の方が良い訳です。
つまり、イノベーティブであるかどうかは目的ではありません。
あくまでも、イノベーションは手段だということですので、「イノベーションを起こす」という表現にも違和感を感じる訳です。

論点3

「イノベーション」という言葉の程度に関してです。
意味はともかく、程度に関しては人によって幅がありそうです。
「革新的に変わる」「今までに全く存在しないもの」というような意味ではなく、「目先を変える」「ユニーク」程度の意味なら、論点2の文章は「すみません取り下げさせていただきます」ということになります。

以上、イノベーションについて思ったことを書き連ねました。

分解して分かったこと

分解して分かったこと

事業というものを分解してみました。

  1. 顧客を見つける
  2. 価値を提供する
  3. 代金を貰う

事業内容や提供する商品・サービスなどの違いによって2と3が逆になるケースや、ほぼ同時に行うケースもあるでしょうが、概ねこのサイクルの繰り返しなのかなと思います。
他の切り口や分け方もいくらでもあるでしょうが、これで話を進めていきます。

さて、企業に勤めているとこれら全てに関わる機会はそう多くないのではないでしょうか。
殆どの人がこの内のいずれか、あるいは2つしか行わないと思います。
ですが、1人で起業や独立などを行うと、これら全てに関わるようになるでしょう。
ですから、これら全てをできないと事業が成り立ちません。

顧客を見つけられない限り、その後のステップには進めませんが、営業経験のない方だと特に不安を感じるかもしれません。
その割に、起業や独立を行う前は、頭では難しいとは分かっているものの、どうしても甘く見込みがちになるのではないかと思っています。

特に「価値を提供する」部分に相当する商品・サービスを考えるに当たっては、どうしても自分の思い入れが最初は強く加わるので無理やりニーズがある事にしがちです。

同様に、自分が欲しい価格と相手が払っても良いと金額には差異があるのが普通です。
それらは実際に動いてみないとどこが折り合いの取れる金額なのか分かりません。

実際に動き始めたら、見込んでいたことが予定通りにいかないことが多々あることを感じる訳ですが(逆に、何か月も前に名刺交換した方から連絡が来たりすることもありますけど)、事業を自分なりに3つに分解したことでそれぞれをより強化、あるいは別の案を考えてみるなど行動に落とし込みやすくなったと思います。

これらを繰り返しながら、事業計画を立て、それをブラッシュアップしていけばより、行動すべきことが明確化すると同時に、精度も向上すると考えていますが、いかがでしょうか。

提案は提案以外にも着目する

提案は提案以外にも着目する

誰にとってもビジネスを行う上で、あるいは日常生活でも提案を行う機会が度々あると思います。
提案が通るかどうかは提案の内容だけで決まるということはないということはどなたも認識していると思います。
内容は同じ提案でも、提案する相手の状況や都合によって、あるいは提案する人物によって結果が変わります。

前者の例を挙げると、今から人を食事に誘うとして、何が喜ぶだろうかを考えて提案したとします。
相手が空腹でなかったら、または忙しくて今は食事に行けない、その時の気分やダイエットをしているなどの都合、体調などで結果は変わるのは想像に難くないと思います。
後者の例だと、自分が提案しても通らないものの、上司から言ってもらえると通るなどのケースが考えられます。

このような例はいくつも思いつくでしょう。
であるにも関わらず、提案が通らなかった時に提案の内容だけに原因を求めていないでしょうか?

提案を行うということは相手を否定した上で(に該当しないケースもありますが)、自分の正しい意見に対する行動を相手に要求すると言い換えることができると思います。
自分が否定されることに対してうれしい人はそうそういないでしょうから、相手から何らかの提案を依頼された場合ならともかく、提案する側の都合で提案を行う場合、そもそも話を聞いてもらえるという前提からして疑う必要すらあるかもしれません。

提案を通すに当たって、提案の内容以外の要素が結果に及ぼす影響がどの程度なのかは状況次第ですし、またどれだけなのかは正確に分かりません。
提案が通るか通らないかも、結局相手の心の中でのことなので、イニシアチブが常に自分にはないのかもしれません。

そのため、提案をストレートにぶつけるのではなく、通したい案に加えて、およそ通らない無理な案を用意して、無理な案を提示した後に通したい案を提示することで、「OK」か「NG」かではなく「どちらを選ぶか」という状況を作るなど提案内容以外の工夫も必要だと思いますが、いかがでしょうか。

ゴールと現状と選択肢

中小企業診断士試験の受験生のサポートをしていて、「どうすれば良いのか?」に迷われている方が多いように見受けられました。

パターンとしては2種類あって、選択肢が多い中でどれを選べば良いのか分からないというものと、そもそもどうすれば良いのか分からないというものです。
原因はどちらも同じで、ゴールの設定をしていないことに起因しています。

ゴールと現状と選択肢

ゴールが分からないのに選択肢にスポットを当てるという行為は、箱に描かれた完成図を見ないで(つまり全体の把握やゴールの設定をしないで)ピースだけを見てジグソーパズルをやるようなものです。
普通はそんなことはしませんよね。

ゴールを設定していれば、現状を把握することでゴールから逆算して現状までたどることができ、ゴールに至るルートは分かるはずです。
選択肢が一見たくさんあるように感じても、何を選ぶべきなのかは分かるのではないでしょうか。

どうすればよいのか分からないというのも同様です。
現状とゴールの把握・設定しないと、そのギャップは分かりませんし、分からない以上どうすれば良いのかという選択肢を自分で作ることはできません。

中小企業診断士試験の話として書き始めましたが、これは中小企業診断士試験だけの話ではありません。
例えば中小企業の経営に当てはめてみた場合、どうしても目先の業務に追われて中長期的な目標がない、あるいは自社(自分)がその中でどこにいてどこを向いているということが把握できていない、だから余計に目の前の業に追われることしかできない。
こんな感じでしょうか。

まずはゴールを定める、その上で選択肢が多くて迷った場合、またはどうすれば良いのか分からなくなった場合、上記したようにゴールから逆算してゴールに至るルートを考えれば良いのではないでしょうか。
何にせよ、ゴールを考えていないで行動することは成功とは遠い結果になりそうです。
成功=ゴールでしょうから、当たり前ですね。

相関関係・因果関係

相関関係・因果関係

夏になると犯罪が増えるんだそうです。
これは統計上の事実です。
他の季節と比較して遅くまで外出していたり、窓を開けている機会が多いので泥棒が入りやすいなどの理由でしょう。

言うまでもない話ですが、アイスクリームが一番売れる季節は夏です。

さて、相関関係と因果関係の意味を引用します。

そうかん‐かんけい〔サウクワンクワンケイ〕【相関関係】
1 二つのものが密接にかかわり合い、一方が変化すれば他方も変化するような関係。
2 数学で、一方が増加すると、他方が増加または減少する、二つの変量の関係。

デジタル大辞泉より引用

いんが‐かんけい〔イングワクワンケイ〕【因果関係】
1 二つ以上のものの間に原因と結果の関係があること。
2 犯罪や不法行為などをした者が法律上負担すべき責任の根拠の一つとして、ある行為と結果との間に存在していると認められるつながり。

デジタル大辞泉より引用

以上の意味から、普通に考えれば分かるように犯罪の増加とアイスクリームの売上には相関関係も因果関係もありませんね。
犯罪とアイスクリームは季節の影響をそれぞれ独立して受けますが、互いになんら影響を与えあうことはありません。

さて、以下の例文を読んで相関関係や因果関係があるか、あるいはそれらが正しいか考えてみてください。

  • (事象1)売上が下がった
  • (事象2)営業部員のモチベーションが下がった

以上により、売上が下がったから、営業部員のモチベーションが下がった。

さて、いかがでしょうか。

営業部員のモチベーションが下がったから売上が下がったのかもしれません。
そうなると、因果は逆になりますね。

別の考え方もあります。
(トップの方針が変わったなど第3の事象により)売上が下がり、営業部員のモチベーションも下がったという場合です。
犯罪とアイスクリームの関係と同じですね、相関関係も因果関係もないというパターンです。

ロジカルにものごとを考える必要はあるのですが、必ずしも相関関係や因果関係があるとは限りません。
相関関係や因果関係があるように勘違いして、または無理やり相関性や因果関係を持たせてしまい、判断を誤るようなことになってはいけないと思って、自分に言い聞かせるつもりでまとめてみました。

穴は埋めない

企業にせよ、個人にせよ、現状と比較して望ましい状態というのが存在するはずです。
その望ましい理想の状態になるためには何をしなくてはいけないかというと、当然の話ですが理想と現状とのギャップを埋める必要があります。

穴は埋めない

上の図をご覧ください。
りんごの木があって、手の届かない高さにリンゴの実がなっています。
そしてあなたは現在空腹ですが、食べる物をもっていません。

「空腹ではない状態」があなたにとって望ましい状態だったら、ギャップを埋めるにはどうしたらよいでしょうか。
この場合はリンゴをもいで食べることです。
手が届かないので台でも脚立でも梯子でもなんでも良いのですが、リンゴに手が届くような方法を考えなくてはいけません。
そのため、「リンゴに手が届くような方法を考える」ことがギャップを埋めるためには必要です。

何を当たり前のことを言っているのかと思うかもしれませんが、実際に望ましい理想の状態と現状とのギャップを埋めるにあたって、現状の問題点探しになっていませんか?ということです。

地面がデコボコで歩きづらいです。
ですが、デコボコの地面を平らにならしたところでリンゴの実が勝手に落ちてきてくれる訳でも、木の幹が縮んでリンゴの実が取りやすくなる訳でもありません。
(梯子を建てるのに地面がデコボコだと不安定なので、そこだけ地面をならすというのなら意味はありますが)
リンゴを取るのに関係がないので、別にデコボコに対して何らかのアプローチをする必要はありませんよね。

以前に、犯人にしやすいものを犯人にするということを書きましたが、それと似ている要素もあります。
現状の悪いところを直すことが望ましい姿になる訳ではないにも関わらず、取りあえず(ギャップを埋める効果はないものの)何か実行していることに満足していたり、労力を割いているのに効果がないと悩む。
ギャップを埋める効果も無ければ、代替手段でもない訳ですから、望ましい姿に全く近づきません。

ビジネスや勉強をやっていく上で、この例でいうところの穴を埋めるというような無意味な行為をやってないでしょうか。

ニュースでロジカルシンキング5

まず以下の記事をご覧ください。

エンブレム酷似、ネット発の追及緩まず 「検証」が続々

最初の段落の最後に以下の文章があります。

ネット社会での徹底的な疑惑追跡に、「自由な発想にブレーキがかかる」との声もある。

「ネット社会での徹底的な疑惑追跡=自由な発想にブレーキがかかる」ということですが、言い換えると

  • ネット社会で徹底的に疑惑追及されると、自由な発想ができない。
  • 自由な発想をするためには、ネット社会で徹底的な疑惑追及をされると都合が悪い。

となります。

「ネット社会での徹底的な疑惑追跡」と「自由な発想」との間に、どんな論理的なつながりがあるのか。
また、ネット社会以外の追求ではどうなのか。
そもそもどこの誰の声なのか。
本当に言ったのか。
どういう意図で言ったのか。

「ネット社会での徹底的な疑惑追跡」と「自由な発想にブレーキがかかる」の間のロジックが省略されているのかもしれませんが、もしそうであれば、省略しないで書かないといけなかったでしょう。

ネットのことを悪く印象付けようとしているのだろうかとは下種の勘繰りかもしれませんが、前後の文章の繋がりを考えると、そもそもこの文章を入れる意味があまりよく分かりません。
記事の内容からすると「自由な発想=パクり」と言う意味になってしまいます。
そう言いたいのかもしれませんが、それはクリエイターを馬鹿にしすぎです。

ちなみに会員ではないので前半しか読めません。会員登録してまで読みたくなりませんでした。
どのみち、最後まで読んでもこの文章を入れた意味は分からないでしょう。

ニュースでロジカルシンキング4

文章や会話などは、分かりやすくなるので結論から述べるのが良いと言われています。
具体的にはPREP法やSDS法などがあり、簡単に書くと以下の通りです。

PREP法:
結論(Point)→理由(Reason)→例(Example)→まとめ(Point)

SDS法:
要約(Summary)→詳細説明(Details)→まとめ(Summary)

新聞記事の場合は、タイトルが結論・要約になり、記事本文がそれ以降ということになるでしょう。

急落

まず以下の記事をご覧ください。
毎日新聞世論調査:内閣支持、急落35% 不支持51% 安保強行採決「問題」68%
あくまでもロジカルシンキングの話ですので、法案の是非と数字そのものは対象と聞き方と分類を恣意的にコントロールできますので触れません。

まず「内閣支持、急落」という文言にご注目ください。

きゅう‐らく〔キフ‐〕【急落】
[名](スル)
物価や相場などが急激に下がること。

デジタル大辞泉より引用

さて、「急落」と言われると何ポイント減少でしょうか?逆に、何ポイント減少までは急落ではないのでしょうか。それが、どれだけの期間内で起こる必要があるのでしょうか…さすがにそれらを定量的に定義づけはできないでしょう。
つまり、書いている人の主観ということになります。

強行採決

次は「強行採決」という文言にご注目ください。

きょうこう‐さいけつ〔キヤウカウ‐〕【強行採決】
国会などで、少数派が審議の継続を求めているにもかかわらず、多数派が一方的に審議を打ち切り、採決を行うこと。

デジタル大辞泉より引用

この採決が「強行採決」であるためには以下の2点の条件を満たさないといけないことになります。
少数派(野党)が審議の継続を求めていること
多数派が一方的に審議を打ち切り、採決を行うこと

ですが、自民党からの審議を増やそうという提案に対して野党は拒否しているので両方の条件を満たしていません。
参考:安保関連法案:民主共産欠席で特別委 15日採決巡り攻防

正しい日本語としての使い方ではなく、このアンケートだけの意味として使用しても良いのかもしれませんが、その場合は「強行採決とは何か」ということが質問側と回答側で共有されていないとアンケートの意味をなしません。
また、読者に対して「このアンケートではこういう意味として使用しています」という説明も必要です。

最後に

仮にPREP法やSDS法に沿って書かれていても、文章の内容を考えるときは前提から結論を導き出すはずです。
さもなければ、結論のための材料を後から考えることになって、歪で説得力のない文章になってしまいます。
もっとも、新聞記事だと自らの主張に沿うように多少は煽り気味にタイトルを書いたり、目を引くためにキャッチ―に書くこともあるでしょう。
しかし、ビジネスにおけるプレゼンだとつっこまれて終わりということになりかねません。自分自身も気を付けないといけないと思います。

スーツと常識

シングルループ学習とダブルループ学習について、中小企業診断士の試験を受けられた方は勉強されたはずです。
普段の生活においても、意識するしないは別として、その2つを使い分けていると思われます。

スーツと常識

ある企業の経営者の方とお話していた時のことです。
その企業は通常来客がありませんし、業務内容を考えるとスーツである必然性はありません。
ですが、その経営者の方は仕事をするときはスーツでなくてはいけないという考えでした。
それ自体は別に悪いわけではないのですが、業務内容や効率性を鑑みて選択した結果ではなく、「仕事はスーツが常識だから」そうおっしゃっていました。

常識だから。
慣例だから。
何となく。
考えずに決めたことは、通常省みられることがありません。

さて、現在の経営状態というのは、過去の選択の結果です。

こういう事業を始めよう。
ここに事業所を構えよう。
誰を採用しよう?
どう仕事を割り振ろう?
今行うべきタスクは?

大きなことから小さいことまで、過去に選択してきたことの積み重ね、そしてそれらの結果が現在の状態です。

いままで多くの選択してきた中で、どれだけ考えた末の選択だったでしょうか?
今まで当たり前だと思ってやっていることも、その選択に必然性はあるのか?論理的に正しいか?行わなかったらどうなる?他に選択肢はないのか?
全ての事象においてゼロベースで考えるのは難しいと思いますが、そうやって考えたものなら分析が可能ですので、つまづいた時だけでなく、成功した時も立ち返って原因や理由を特定し次以降に繋げる、といったことが可能になります。

ちなみに、社長の他に1人だけスタッフの女の子がいたのですが、「お客さんが来ようが来まいが、仕事ならスーツが当たり前」と社長がおっしゃるのを聞きながら、「この子は私服やけどなあ」と思っていました。
服装はどうでも良いのですが、自分の考えが徹底できていないという点は問題ですね。

ニュースでロジカルシンキング3

文章、あるいは会話において、根拠や例がなくただ結論だけ述べられているというのを見かけませんか?
述べられた結論に対してどういった根拠が必要か、あるいは何があれば結論に説得力を持たせられるかを考えてみたいと思います。

まず以下の記事をご覧ください。
民主・岡田代表が「青田買い」? 高校、大学を次々訪問 財政再建を熱く訴えるが、反応は…
あくまでもロジカルシンキングの話ですので、そもそも国の借金じゃなくて政府の借金だとか、民主党政権の時にデフレのくせに売りオペやってたくせに…とか、そういったことには触れません。

第2段落の後の

「世界でこんなに借金している国はない」

とありますが、これが結論ですね。
ですが、この「こんなに」というのが下図の①のように負債の割合が多い状態なのか、②のように債務超過状態なのか(実際には説明したのか、してないのか知りませんけど)、この記事だけでは分かりません。
仮に③の状態であったとしても、小規模企業より大企業の方が資産も負債も多くなるように、GDPが世界第3位の経済大国である日本の負債の額面が他国より大きいのは当たり前です。

ニュースでロジカルシンキング3

この結論に何らかの意味や説得力を持たせるなら、以下が必要でしょう。

  • 定量的なデータを提示する(他国も含めて)
  • 妥当な水準を示す
  • 負債のことだけでなく資産と純資産のことに触れて割合が高いことを示す

いかがでしょうか、比較の対象ができることで規模が分かるようになります。

おまけですが、おそらく借金というのは対GDPランキングのことを言っているんだと思いますが、誰から借りている、どういったものであるか、という点は加味しているのか、いないのかは分かりません。

対GDP比債務ランキング
https://www.cia.gov/library/publications/the-world-factbook/rankorder/2186rank.html

対外債務ランキング
https://www.cia.gov/library/publications/the-world-factbook/rankorder/2079rank.html

ご依頼やご相談、お問い合わせなどはこちらより受け付けております。
初回のご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください